日本、ウズベクに0-4の完敗…ウズベクU-23が4強先着
Newsen




※一部要約

日本がウズベクに完敗した。

日本は1月19日、中国南京の江陰スポーツセンターで行われた"2018AFC U-23チャンピオンシップ"のウズベキスタンとの8強戦で完敗した。

この日の試合でウズベクは日本に4-0の完勝をおさめた。
ウズベクは史上初の大会4強に進出した。

ウズベクは前半31分に初ゴールを成功させ、前半だけで3ゴールを決めて3-0でリードした。
後半序盤に1ゴールをさらに追加したウズベクは、日本に余裕を持って相手にして制圧した。

一方、日本を破ったウズベクは23日に韓国-マレーシアの8強戦の勝者と4強戦を行う。


スポンサーリンク
楽天





[キム・ソンジンのフットボールトーク] 日本、屈辱的な敗北で非難もオリンピックへの大きな絵を描く
スポータルコリア




※一部要約

"ディフェンディングチャンピオン"日本が2018AFCU-23チャンピオンシップ8強で大敗して脱落した。
ところが日本の様子を見ると、U-23チャンピオンシップは単に通り過ぎる大会で、それ以上でもそれ以下でもないものと見ているようだ。

日本は19日、ウズベキスタンとのU-23チャンピオンシップ8強戦に0-4で敗れた。
前半だけで3失点して早期に勝利を譲った。
2年前の2016年大会で優勝した日本としては予想できない結果だった。

日本としては前回大会優勝チームの自尊心が完全に崩れた試合だった。
だが日本はウズベク戦の敗北を薬とした。
最終的な目的が2年後の自国で行われる2020東京オリンピックのためである。

今大会で日本を率いた森保監督は、2年の任期の保障を受けた日本オリンピック代表監督である。
つまり東京オリンピックを準備するための過程である。
今大会も優勝や上位成績ではなく東京オリンピックの準備の一環とした。

これは選手構成にもよくあらわれていた。
今大会は1995年以降生まれの選手が参加できる。
だが日本は1997年以降生まれの選手で構成した。
東京オリンピックの出場年齢に合わせて準備したのだ。

森保監督はウズベク戦後にすぐ次の構想を明かした。
日本は3月にパラグアイ遠征に出発する予定である。
パラグアイ遠征には"日本のメッシ"と呼ばれる久保建英をはじめとする有望株を大挙抜擢する計画を明かした。

日本は8月のジャカルタ-パレンバンアジア大会でもこの基調を維持する見通しだ。
これは以前から一貫した姿である。
これらのすべてが東京オリンピックの準備のためである。

そのような姿は韓国とはやや異なる。
韓国の現U-23代表はアジア大会を準備しているチームだ。
兵役という問題があるので、アジア大会の金メダルを無条件に取らなければならない。
東京オリンピックはその後、監督選任をはじめとするすべてのことを最初から再び始めなければならない。

置かれている状況が違うので、オリンピックを準備する過程も違う。
だが日本の果敢な選択や準備の過程は韓国に示唆するところが大きい。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...