[現地新年インタビュー] "NO.1守門将"キム・スンギュ「ブラジルの経験、ロシアで証明する」
スポーツソウル




※一部要約

「ブラジルでの心残りをロシアで晴らしたい」

サッカー代表の守門将キム・スンギュ(28・ヴィッセル神戸)の2018年最大の目標は、断然ロシアワールドカップである。
"シン・テヨン号"出帆から重用を受けたGKの中で、ワールドカップ本戦を経験しているのはキム・スンギュが唯一だ。
4年前のブラジルワールドカップを控え、Kリーグクラシックの蔚山現代の主戦守門将の地位を固めたキム・スンギュの勢いは熱く燃え上がった。
2010南アフリカワールドカップで主戦として活躍したチョン・ソンリョンに押されて本戦のグループリーグ1~2次戦ではプレーできなかったが、ベルギーとの3次戦に主戦で出場した。
韓国は0-1で敗れたが、大舞台に初めて立ったことが信じられないほど、神懸かり的な好セーブショーを繰り広げ、"キム・スンギュ時代"を知らしめた。

ところが2014年末にシュティーリケ元監督が代表に就任してから、守門将の"地殻変動"が起きた。
キム・ジンヒョンが重用されて2015オーストラリアアジアカップの主戦として出場した。
キム・スンギュは再び2番手に押されたようだった。
だがワールドカップ予選を基点に、キム・スンギュは再び先発陣に含まれることになった。
シュティーリケ体制でAマッチ38試合中17試合を消化してキム・ジンヒョン(11試合)、クォン・スンテ(5試合)を抜いて最多出場時間を記録した。
アジアGKでは珍しく動物的な瞬発力と高さを持つ彼の技量は、シン・テヨン号出帆後も注目された。
負傷で参加しなかった東アジアカップの3試合を除き、去年のシン・テヨン号体制で行った6試合中4試合で先発出場した。
ワールドカップ最終予選2連戦(イラン、ウズベク)などの重大な試合は、すべてキム・スンギュがGKブローブをはめた。
彼は最近、日本大阪で行ったスポーツソウルとの新年インタビューで「競争はいつも私を成長させるので楽しんでいる」として、「4年前のブラジルワールドカップの心残りを新年にロシアで晴らす」と誓った。


スポンサーリンク
楽天





─負傷で東アジアカップに参加できなかったが。

負傷さえなければ最低1試合くらいはプレーすると期待していた。
残念な気持ちが大きいが、韓日戦で勝って優勝したので心の中ではすごく嬉しかった。
東アジアカップ後に所属チームに戻ったときも、日本選手が"韓国は本当に良かった、強い"と賞賛していた。満ち足りた気持ちになった。
11月(コロンビア戦)から代表は雰囲気の反転をしたが、ワールドカップまで良い流れを続けることを願っている。


─(先月23日に)セレッソ大阪と日王杯4強戦を消化するなど、状態は良くなった様子だが。

東アジアカップ招集時、ハイボールの練習で着地をして左足首を怪我した。
外側の骨が部分的に骨折した。
しばらく日本に留まり、ギブスをしたまま過ごした。
状態が好転して試合をプレーしたが、長く休んでいてコンディションがあまり良くなかった。
冬季練習のときに体をもっと作らなければならないようだ。


─2018年はロシアワールドカップの年だ。覚悟はどうなのか。

メディアや周囲は私が(GKの)主戦だとおっしゃっているが、シン監督が就任する前から私がプレーできない試合はかなり多かった。
油断せずに今冬に地道に体を作り、所属チームでまずは上手くやりたい。
それでこそワールドカップが見えてくるだろう。


─キム・ジンヒョン、チョ・ヒョンウ、キム・ドンジュンだけでなく先輩のチョン・ソンリョン、クォン・スンテまでGK競争は激しい。

ブラジルのときもそうだったし、いつも競争して成長してきたようだ。
なので今回の楽しむ気持ちだ。
過去にソンリョン兄さん、(キム・)ヨングァン兄さんと代表にいたときは、互いのスタイルがすべて違った。
ところが最近は身体条件からプレーの指向が多少似てきたようだ。


─それでもワールドカップを経験していることは大きな長所のようだが。

当時(ベルギーとのワールドカップデビュー戦は)何の考えも浮かばなかった。
怖がらずに向かっていったようだ。
1試合のプレーだが、振り返れば大いに役立つ。
あのときは相手のシュートを防ぐことだけに集中していた。
今は試合運営にも目覚め、(Jリーグを通じて)他チームも経験してまた別のサッカーを学んだ。


─ドイツ、メキシコ、スウェーデンと同組になったが。

すべて世界的なチームで負担になる。
だが私もやはりブラジルのときよりさらに成長した。
ロシアでもっと多くの試合でプレーするため努力したので挑戦したい。
シン監督も守備陣の組織力をより強調しているので、いつどの状況で投入されても準備された姿を見せる。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...