シン・ムンソン、「日本は事実上の3陣級、韓国サッカーの厳重な評価の物差し」
スポータルコリア




※一部要約

絶対に負けたくなくて、負けてもいけない韓日戦が迫った。

2017東アジアカップ最終戦である韓日戦を待っているファンは、熱い勝利に喉が渇いている。
ファンに劣らず選手もまた勝利のモチベーションを完了した状態だ。
キム・シンウクは「7年のジンクスを破る。日本戦に必ず勝利する」と覚悟を固めた。
イ・ミョンジュもまた「重要性をよくわかっている。勝たなければならない」と韓日戦に臨む姿勢を明かした。

2017東アジアカップ韓日戦は16日夕方7時5分からSPOTV系列の全チャンネルとオンラインスポーツプラットフォームのSPOTV NOWで生中継される。
シン・ムンソン委員とキム・ミョンジョンキャスターが呼吸を合わせる。

シン・ムンソン委員は「相手にスペースを与えない有機的な守備ラインを形成することが非常に重要だ。相手のパスコースを早く遮断することが、日本のプレーを無力化させることのできる最善の方法」と日本のキープレーヤーを止めるための処方を下した。
その一方で「日本は事実上の3陣級」として、「今回の対戦は韓国サッカーの現在と未来に対する厳重な評価の物差しになるだろう」と日本戦に勝たなければならない理由を付け加えた。

シン・ムンソン委員は日本戦の試合が始まる前の夕方6時30分からSPOTVの"スポーツタイム"に出演し、日本戦の様相を展望する予定である。


スポンサーリンク
楽天





シン・ムンソン委員「日の競技力は相当だが十分相手にすることができる」
イーデイリー




※一部要約

シン・ムンソン解説委員は「日本代表の競技力のレベルは一定の部分で相当だが、大韓民国は十分相手にすることができる」と伝えた。

日本サッカーの強みは早く精巧なパスである。
これを基に支配率を高めて試合を説いていく。
中国戦では429回のパスを記録、相手チーム中国のパス数313回よりもはるかに多い。
ボールを持っていない状況にある選手の動きもやはり粘り強い。

攻撃の形態も多様である。
中央密集型の守備を中心に戦術を駆使する北韓戦ではクロスを主としていた。
中国戦ではクロスだけでなくスピードを活かして5~6本のパスで背後のスペースに一回で進入する形などを使って守備陣を苦しめた。

シン・ムンソン解説委員はこのような日本を相手にするため、"タフなアプローチ"が必要だと明かした。
パスをやり取りする選手をタフにマークしてパスの質を落とし、相手選手のバランスを崩さなければならないということである。
オフ・ザ・ボールの状態にある選手に対して守備プレーをすることもまた、シン・テヨン号が準備しなければならない課題だ。

気をつけなければならないのは、日本の得点がすべて80分以降に出ているという点である。
先の2試合で日本は体力的に厳しい試合後半でも、ワンタッチパスの精巧さや突破などで集中力を維持する姿を見せていた。

試合でずっと一定の競技力を維持する体力的長所が、日本の2連勝を導いた原動力でもあるというのがシン・ムンソン委員の評価だ。
中国戦で70分以降に体力的問題があらわれた大韓民国代表にとって、韓日戦の鍵は体力である。

シン・ムンソン解説委員は今回の対戦について多くの意味を与えた。
「今回の韓日戦は大韓民国サッカーの現在と未来に対する厳重な評価の物差しになる」としてk「迫るワールドカップ本戦に対する可能性の打診でも大きな意味と見ることができる」と伝えた。
「選手選抜、監督の戦術運用能力、交代作戦の評価などが国民的関心事に増幅される可能性が内在している試合」と付け加えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...