マンチェスターの乱闘劇に相撲の話を出したベンゲル、なぜ?
スポーツ京郷




※一部要約

アーセン・ベンゲル監督が最近話題になっているマンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティの乱闘劇について、厳しい忠告を与えた。
ところがその過程で日本の相撲に言及して関心を集めた。

ベンゲル監督は13日、英国BBC放送のインタビュー映像で「私もその(乱闘劇の)消息を聞いたが、それについて何も見ることができてない」として、「だがそのようなことは大きなダービーマッチでは起こり得ること」と語った。

11日にオールドトラフォードで行われたマンUとマンシティの試合は、マンシティが2-1で勝利した。
だが試合後にマンシティの選手がロッカールームで大音量の音楽をかけて喜びを思う存分あらわし、機嫌の悪くなったモウリーニョ監督が直接マンシティのロッカールームに行って自制を求めた。
その過程でマンシティの選手とモウリーニョ監督の間で舌戦が繰り広げられ、そこにマンUの選手が加勢して雰囲気が険悪になると、最終的に集団の小競り合いにまで広がった。
マンシティのコーチであるミケル・アルテタは、飛んできた飲料のビンに当たって額が裂けたりもした。

ベンゲル監督は「そのような大きな試合で負けた後は、相手に100%の祝福を送るのはすごく難しいこと」と語った後、突然相撲の話を持ち出した。
彼は1995~1996年に日本Jリーグの名古屋グランパスの監督を引き受けた経験があり、日本文化をよく知っている。


スポンサーリンク
楽天





"マンチェスターの乱闘劇"についてベンゲル監督「日の相撲を手本にしなければ」
スポーツ朝鮮




※一部要約

彼は13日、英国日刊紙デイリー・ミラーで「日本の相撲を見よ。そこには尊重の文化がある」と語った。

ベンゲル監督は「相撲は勝者が咆哮しない。敗者を尊重するため」として、「横綱は最高の中の最高の選手だ。だが横綱になるには勝利だけではいけない」と語った。
続けて「実力も実力だが、相手への尊重が欠如している選手なら絶対横綱になれない」と語った。

それとともに「私たちはいつも学ぶことができる。世界で起きているすべての興味深いことを通じ、そしてすべての文化から私たちは学ぶことができる」と付け加えた。
結局はマンシティに尊重の意識が欠如していたと指摘しているのだ。



ペップもこういう部分ではベンゲルを見習う必要がある



ベンゲルはジェントルマンだ



ベンゲル>>>シン・テヨン



やはり失敗の専門家だから敗者の気持ちをよく知っているようだ



マンUはルカクを放出しろ!



アーセナルの選手はもうゴールを決めたら相手に向けて祈祷するようだ
ふふ



ふふふふふふふふふふふふふ
唐突にアデバヨールを思い出す







ふふふ
だが普段のモウリーニョの講堂を見れば
ふふふふふ



相撲はダービーがないだろう



結局マンシティをディスってるということだね…



根本のないチームに何を望んでいるのか
尊重などするか



金で作った根本のないチームに何の尊重があるのか


┗マンUのことだろう?



それでモウリーニョは敗者に配慮したことがあるのか



アメリカ野球でバットを投げたらビーンボールを食らう理由を考えてみろ



ところがこの前横綱が人を殴って日本がひっくり返ったという



ベンゲルは親日監督



ベンゲルがモウリーニョの味方をするのを見ると
マンシティが間違っていたのだろう



ファクト:マンUはCL優勝3回>>>>>>>アーセナルはCL優勝0回


┗マンシティも0



ベンゲルの日本愛が再び伺える言葉だ



スコットランドのファーガソンを見ろ
そこには引退の文化がある



体当たりを相撲のようにしろという意味なのかと…



ベンゲル監督…
その横綱は酒の席で後輩を暴行して引退したのですが…?



尊重する文化があるスポーツは相撲だけなのか
なぜ相撲なのか
ベンゲルが親日派という話は正しいようだ



ベンゲルの親日中毒は相変わらずだね



やはり親日ベンゲル
ふふふ



マンチェスターの乱闘についてベンゲル監督「エリック・カントナを見習え」



??
尊重する文化だからカラオケのリモコンで後輩を殴ってしまうのか




だからファブレガスはファーガソンにピザを投げたのか?
ふふふふふ



それじゃあゴールセレモニーも禁止にしろ



モウリーニョは相手を尊重したことがあるのか?
ふふ



この爺さんは日本食や文化がすごく好きなんだな



聖人君子ベンゲル



日本に1年いて日本広報大使だね



何?
相撲のように893と手を握って八百長でもしろと?



誰がサッカーを紳士のスポーツと言ったのか…



ふふふ
その口から唐突に相撲の話が出てくるとは



ベンゲルがモウリーニョを擁護するくらいならマンシティが過ちだ
ふふふふふ



サッカーそのものが尊重のあるスポーツではない
ゴールを決めて相手の応援席まで行ってセレモニーをする選手もいるのに



何を孔子のようなことを…



日本の文化コンテンツの威厳を知ることのできるインタビューだ
フフッ




相撲は敗者を尊重するが肝心の自分の胃腸を尊重しない



やはり敗者に精通しているベンゲル



確かにグアルディオラに謙虚や敬意は足りない部分である



アーセナルもこの後に負けるから
そのときこうするなと前もって言ってるのだ(笑)(笑)(笑)




Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...