[MDフォト] キム・ミヌの笑み「コンディションは良いです」
マイデイリー



※一部要約

キム・ミヌが10日午前、東京の味の素ウェスト練習場で行われた2017EAFF E-1チャンピオンシップの練習で笑みを浮かべている。




[インターフォト] イ・ジョンヒョプ-キム・ミヌ、"総力を尽くして"
インターフットボール



※一部要約

シン・テヨン号が失望させられた中国戦を後にして練習を再開した。

イ・ジョンヒョプとキム・ミヌが北韓戦に備えて練習をしている。


スポンサーリンク
楽天





[SPO in 東京] "ベンチ待機"キム・ミヌのハイファイブ、2次戦の反転カード
スポTVニュース



※一部要約

中国との2017東アジアカップ1次戦の前半終了のホイッスルが鳴ったとき、ハーフラインの外側で先発出場した選手を待つ選手が1人目についた。

中国との試合をベンチで待機していたキム・ミヌは、ハーフタイムに体を解すため一番最初にグラウンドへと向かったが、出て行く先発出場選手一人ひとりとハイファイブをしながらお疲れと激励した。
11人全員とハイファイブし終えてから全力疾走してグラウンドに飛び込んでいった。

自分に先発出場のチャンスは来なかったが、試合に出た選手に力を送り、全身全霊で後半出場のために準備をするキム・ミヌの姿勢から代表の雰囲気が伝わった。
代表は11月のAマッチデーの日程を基点に、一つになり始めた。
ヨム・ギフンは中国戦前日、選手間に信頼が生まれたと語った。

熱心に体を解していたキム・ミヌに交代投入のチャンスは来なかった。
キム・ミヌはキム・ジンスと左SBのポジションを争っている。
通常、守備ラインは負傷や特別な体力低下の状況が来なければ、交代することは多くない。

2-1でリードしたまま前半を終えたが、中国が後半に3バックに切り替えて守備を強化し、カウンター攻撃のパターンを変えた。
守備よりも攻撃が解決しない点が悩みとしてあらわれ、右SBチェ・チョルスンの代わりにコ・ヨハン、MFイ・ミョンジュの代わりにイ・チャンミンが投入された。
シン・テヨン監督は3枚目の交代カードを出さなかった。

献身的で技術的なキム・ミヌは、1次戦で残念な結果を残した代表の反転カードになり得る。
この日に左サイドのアタッカーとして出場したヨム・ギフンが振るわなかったし、ユン・イルロクは最高のコンディションを維持できずにいる。
イ・グノは回復傾向だが2トップの一角や右サイドのアタッカーのほうが馴染む。

左SBの要員として選ばれたが、元々はサイドや中央の攻撃型MFのポジションがより気楽なキム・ミヌ。
北韓との2次戦はキム・ミヌをMFでもテストしてみることのできるチャンスである。
キム・ミヌ本人も「体が覚えている席」と自信を見せたことがある。

北韓との2次戦は様々な面でキム・ミヌが出場する可能性が低くない。
キム・ジンスが中国戦で警告1枚を受けており、激しい試合が予想される北韓戦に左SBの席で先発出場する可能性もある。
代表に対する愛情と熱望の強いキム・ミヌは、どの席であっても出撃命令だけを待っている。

キム・ミヌはJリーグでプロキャリアを始め、7年間最高級の活躍をした。
日本サッカーの専門紙"エルゴラッソ"は今大会の特集記事で、イ・グノとともにキム・ミヌの存在を最も威嚇的だと指名した。
1次戦で休んだイ・グノとともに"知日派"キム・ミヌが北韓との2次戦で反転カードに選ばれる可能性は高い。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...