シン・テヨン号、ドイツ戦のリハーサルにポーランドの可能性が高まった
スポータルコリア




※一部要約

新しくヨーロッパの強者に登場したポーランドが、シン・テヨン号のドイツ戦に備えた相手になるだろうか。

2018ロシアワールドカップの組み分けが完了した。
もう残りは大会のときまでに着実な準備とともに、最適な評価試合の相手と会ってリハーサルを行わなければならない。
評価試合の相手はワールドカップ出場国の中から選ぶのが最も良い。
その中でポーランドが有力候補に挙げられる。

ポーランドは2006ドイツワールドカップから12年ぶりにワールドカップの舞台に出るチームだ。
FIFAランキングも6位を誇る。
今回のワールドカップ組み合わせ抽選ではAポットを受けるほど、ダークホースに浮上してきたチームである。





スポンサーリンク
楽天





ポーランドはドイツと隣接している国だ。
知らず知らずのうちにサッカーの影響を受け、共有している。
多くのポーランド出身選手がドイツ・ブンデスリーガで活躍している。
ロベルト・レバンドフスキ、マルチン・カミンスキ、ウカシュ・ピシュチェク、ヤクブ・ブワシュチコフスキらが代表的である。

100%完璧な仮想相手はいない。
だが似ているタイプと特徴があるなら、仮想相手に適している。
ポーランドは強い力と組織力を前面に出し、安定した試合運営をする。
ドイツを念頭に置いて試合をするのに適している。





ワールドカップ出場チーム同士の評価試合では、互いの利害関係が合わなければならない。
ポーランドはH組でセネガル、コロンビア、日本を相手にする。
ヨーロッパのチームを主に相手にしてきたポーランドとしては、他大陸のチームとの評価試合が重要だ。
ポーランドとしては韓国との評価試合は、日本戦に備えた準備段階になる。

ワールドカップ出場チームの間で評価試合をするのは自然なことである。
2010年3月、南アフリカワールドカップの前に韓国は英国ロンドンでコートジボワールと評価試合を行った。
韓国はナイジェリア、コートジボワールは北韓を念頭に置いた評価試合だった。
2014年3月にはギリシャ・アテネで韓国とギリシャの評価試合が行われた。
韓国はロシア、ベルギーらのヨーロッパチームに対する適応力をつけ、ギリシャは同組の日本戦に備えた。

サッカー界の関係者は「互いに必要性があるので、組み合わせ抽選が終われば早く話が行き来する。韓国の場合は日本と試合をするチームに必要性があり、先に話をすることができる」と語った。


【関連記事】
【W杯抽選会】韓国ネチズン反応:韓国は険難なドイツ・スウェーデン・メキシコと…悲喜が交錯した日本は最も楽なH組に
韓国メディア:ロシアW杯抽選会で思いがけず韓日戦…ネチズンは「ポーランド、コロンビア、セネガルの名誉市民に」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...