「防弾少年団を知らない」…ワールドカップオールスター独DFの屈辱
MKスポーツ




※一部要約

防弾少年団を知らないければスパイなのか。
5年連続で世界的なDFと評価されたドイツプロサッカーの最上級選手がクラブ職員に叱られたほどである。

マッツ・フンメルスは2013年からFIFA国際サッカー選手協会(FIFPro)のワールド11投票で、CB部門のトップ8に選ばれた。
2014年にはCB4位の中に入ったこともある。

ブンデスリーガ直近2シーズンのベスト11でもあるフンメルスは、自身のSNSをつうじて防弾少年団のオンライン投票に参加して欲しいというドイツ語のメッセージを受けた。
当該の利用者は2016年10月からバイエルン・ミュンヘン、特にフンメルス個人のファンとしてオンライン活動をしている。


スポンサーリンク
楽天





マッツ・フンメルスはSNSアカウントのプロフィールでも、自分に対するファンの心をあらわしたネチズンの頼みを聞き入れたかったが、防弾少年団が何か知らなかったので要請自体を理解できなかった。

「私はあなたが提示したことの多くを知らず、理解できていないみたいだ」というマッツ・フンメルスの返事を見たバイエルン・ミュンヘンの英語担当者は、11分後にSNSで「君は本当に防弾少年団について知らないのか?!」と反問した。

防弾少年団を知らなければ2014FIFAワールドカップオールスターメンバーのマッツ・フンメルスでも叩かれる世の中だ。
面と向かって責めたバイエルン・ミュンヘンSNSの英語担当者がアメリカ・ニューヨーク在住ということも、防弾少年団のグローバル人気をさらに体感できるようにさせる。

マッツ・フンメルスはクラブ職員から攻撃される前にも、やはりドイツ人から「防弾少年団は韓国(K-pop)のグループであり、君が受けた頼みはビルボードのため」という説明を聞いた。
その話を聞いて意気揚々と「もう防弾少年団の映像をテレビで見た」とバイエルン・ミュンヘンSNSの英語担当者にメッセージを送ったのも笑いのポイント。

ドイツファンの努力が無駄になることはなかった。
防弾少年団は2017ビルボードミュージックアワードのトップソーシャルアーティストに選ばれた。
マッツ・フンメルスはオンライン投票をしたのだろうか?



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...