"経営危機乗り越えて昇格"J2リーグの長崎が与える教訓
ジョイニュース24




※一部要約

2018シーズンの日本プロサッカー1部リーグに挑戦するV・ファーレン長崎はJ2リーグクラブの中でも弱体に挙げられるチームの一つだった。

J3からJ2に昇格した2013年に6位を占めたし、2015年にも6位で昇降プレーオフまで進出したが、浮き沈みが激しかった。
昨シーズンは15位に転んだ。
毎シーズンの開幕前にこのチームが1部リーグに昇格すると考える専門家はほとんどいなかった。

弱り目に祟り目で、今シーズンの開幕前には経営問題まで重なった。
池ノ上俊一社長と役員がクラブに設置された医療施設を利用した後、保険を不正請求した。
職員の賃金も未払いし、当該の事件は公論化された。
池ノ上社長は責任を取って退いたが、クラブは経営陣の不在という状況を迎えた。

Jリーグの各クラブは5種類の要件(試合・人事・施設・法務・財務)のすべてを解決しないとクラブライセンスを受けられない。
その中で財務部門が最も厳格な審査を受ける。
Jリーグ連盟は資金難を解決できないクラブを下部リーグに降格させられる職権を持つ。
長崎は降格まで心配しなければならない境遇となった。

だがそこから長崎の反転が始まった。
長崎を本拠地にしている日本のホームショッピング企業ジャパネットが、クラブを支援するため乗り出したのだ。
以前から縁はあった。
2009年から長崎のスポンサーを引き受けてから、事実上の最大株主でもあった。
ジャパネットは5月16日にクラブの株式をすべて取得し、長崎をジャパネットホールディングスグループの子会社にした。


スポンサーリンク
楽天





ジャパネットの創業者であり、長崎出身の高田明氏が新たにクラブの代表理事に就任したのが神の一手となった。
日本国内でジャパネットは最大のホームショッピング企業として知られている。
テレビをつければプログラムの間間にジャパネットのホームショッピング広告が露出する。
商品を紹介するホストMCが高田社長本人なので、認知度は高くなるしかない。

去年1月を最後に放送から引退したが、特有の声や表情はファンの記憶に残っていた。
高田社長もそのような部分をよくわかっていた。
自分を長崎の人気を上げるために活用した。
新聞の全面広告に自分の写真を大きく入れて"長崎は新たに生まれ変わる"というキャッチフレーズを書いた。

クラブに活気を入れる職員を新たに募集し、まったく合ってなかったクラブの収益と支出のバランスを取るのに力を注いだ。
クラブ再建の過程で池ノ上前社長が観客数を捏造した事実が露呈し、7月にJリーグ連盟から罰金300万円(約3000万ウォン)の制裁まで受けたが、状況を上手く乗り越えた。

良くないことや事件が鎮まる気配を見せると、すぐに長崎のサッカーも安定し始めた。
5年間指揮棒を取っている高木琢也監督の指導力と哲学がチームに溶け込んだ。
しっかりとした守備と速いカウンターは長崎のチームカラーになった。
そのような戦略が序盤から効き、リーグでずっと上位圏を走ることができた。

良い競技力が続くと、すぐに昇格も現実となった。
長崎は11日のカマタマーレ讃岐との試合で勝利をおさめ、この日引き分けた名古屋グランパスを押し出してリーグ2位を確定させ、チーム創立14年で1部リーグ昇格を達成した。

高田社長はシーズン後の27日、日本メディア"ビジネスジャーナル"とのインタビューで「サッカーと事業は人を幸せにしなければならないという同じ目的がある」として、「私が初めて就任したとき、長崎は収支のバランスも合わなくて、賃金未払いなどの問題が多かったが、そういうことを正すため努力した」と語った。





彼の言葉通り、長崎はサッカー外のところでも色んな試みをした。
ホームのファンを集めるためグッズ事業を大々的に増やしたりもして、貧弱だと評価されていた競技場内の食事も改善した。
予算が相対的に少ないJ2リーグでは珍しくLEDの広告看板を設置した。
ファンだけでなく選手にも、地元の食堂や寝具会社などと連携し、最大限のサービスを提供した。
シーズン後に褒賞として、選手にハワイ旅行券を与えた。

高田社長は「負けなければホームのファンは増えるはずだ。増えたファンが競技場でサッカーを楽しめるよう、たくさんのところを歩き回って研究した」とマーケティングの理由を説明した。

効果は劇的にあらわれた。
負けないサッカーから勝つサッカー。
そこに競技場を訪れる面白さまで加えた長崎は今シーズンの平均観客が5941人で、昨シーズンの4625人と比べて1000人以上増えた。
J2で観客が1000人以上増えたチームは長崎が唯一である。
競技場のある長崎県諫早市の人口が13万人を少し越えることを考慮すれば、高田社長の戦略が効果を発揮したとみられる。

シーズン後にクラブは長崎県から"2017長崎県表彰特別賞"を受賞した。
この表彰状には「チーム史上初のJ1昇格を達成して長崎県民に大きな夢と感動を与えたと同時に、県のスポーツ水準を大きく上げることに貢献した」という文がある。
長崎はサッカーで粘り強い地域密着、そして果敢で様々な投資がどのような肯定的効果を生むのかを示す好例となった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...