「監督を信じます」…現場で確認した"ユン・ジョンファンマジック"の実体
ジョイニュース24




※一部要約

セレッソ大阪の今シーズンの善戦には理由があった。
ユン・ジョンファン監督と選手団の間にできた強い信頼がその土台だった。

セレッソ大阪は18日、横浜の日産スタジアムで行われたJ1リーグ32ラウンドの横浜Fマリノスとの試合で4-1の完勝をおさめた。

序盤は全体的に選手の体が重く見えた。
それもそのはずで、ルヴァンカップ優勝から約3週間ぶりの実戦だった。
代表に消臭された選手を除けば、全員実戦がなかった。
弱り目に祟り目で、FCバルセロナ出身のダビド・バブンスキに電光石火のようなミドルシュートを許し、点数でも遅れを取った。

だがその後は守備ラインとブラジル出身の外国人選手ソウザを中心としたMFのラインが安定した。
後半には選手の動きがかなり改善された。
運動量も多くなり、自然と守備ラインを極端に下げた横浜を圧迫した。
攻撃型MFの清武弘嗣と柿谷曜一朗が、ずば抜けたパスと呼吸で守備を崩した。
ユン・ジョンファン監督の愛弟子である水沼宏太も特有の才気溢れる動きを見せ、現日本代表の杉本健勇は打点の高いヘディングはもちろん、ラインを崩す最前方ストライカーとしてプレーした。
守備では仁川ユナイテッドでプレーしたヨニッチが猛威を振るった。
4-1で勝利し、内容はもちろん結果まで手にした。

この勝利でセレッソ大阪は4連勝を走った。
18勝6分け8敗の勝ち点60でリーグ3位を守った。
4位の柏レイソルとの勝ち点差は2点である。
だが様々な面でACL出場の可能性はどのチームよりも高い状況だ。

そこにユン監督のセレッソ大阪は、2017YBCルヴァンカップでも優勝した。
1995年にヤンマーディーゼルサッカー部からセレッソ大阪に名前を変えてJリーグに参加して以降、初めて取った優勝カップである。
試合後に選手全員がユン監督を胴上げするシーンも見られた。
そこにリーグでも高空行進を続けていて、鳥栖時代以上の最高の一年を経験している。

試合後の公式記者会見でユン・ジョンファン監督も今シーズンの、特に最近の流れに大きく満足しているようだった。
彼は「選手にとってカップ大会優勝が大きな経験になったようだ」として、「序盤は明らかに良くなかったが、選手が蘇る姿を見せることができた。カップ大会の経験を活かし、この日の試合でも大勝をおさめられたのではないかと思う」とチーム員を讃えた。


スポンサーリンク
楽天





20171120060219790a.jpg


それと同時に彼は「チームが負けていても再び立ち上がる姿が良かったし、そのようなことは以前のチームにはなかったところ」として、「選手が対話を通じて試合中でもよく修正している。しっかりと理解していて、ある意味では試合を楽しんでいるところ」とチームの全体的な雰囲気をかなり肯定的に評価するとも語った。

記者会見後にユン監督と会って言葉を交わした。
この日の後半に突然競技力が良くなった点について、どういうことを言ったのかという質問に彼は「選手に大きく何かを言ったことはなかった。前半の失点以降もそうだし、試合内容は悪くなかった」と語った。

今シーズンに選手キャリアで初めて20ゴールを取って、初めて代表にも乗船したFW杉本健勇についても「特別なアドバイスはしていない。いくつかのところを言ったが、本人が自ら悟ったようだ」と淡々と語った。
ACL出場についても「私たちのチームのメンバーは良い。(ACLに)行けるチームで、今の状況なら行くべきだと思う」とした。
選手、そしてチームに対する信頼が伺える言葉の選択だった。

単にユン監督の一方通行ではなかった。
共同取材区域で会ったセレッソ大阪の選手も口を揃えてユン監督に尊敬の意を示した。

今シーズン、攻撃型MFにポジションを変更した山村和也は、ユン・ジョンファン監督の恩恵を最も多く受けた選手の1人である。
彼は鹿島アントラーズ時代にはCBや守備型MFを主に消化していた。
守備的な選手という印象が強かったが、現役時代にグラウンドの指令塔だったユン監督の指揮の下、果敢にポジションを変更した。
負傷もあったが、結果的に25試合で8ゴールを決めるなど大活躍した。


20171120060219790b.jpg


彼は「ユン・ジョンファン監督がスプリングキャンプからこのポジションで準備できるようにして、多くのチャンスを与えてくれた」とユン監督に感謝をあらわした。
それとともに「監督が動くについてもアドバイスをたくさんしてくれ、新しいポジションで挑戦するチャンスを与えてくれた。そのようなところで、私も熱心にして成果をある程度残し、期待に応えられた」として、「まだ足りないところもあるが、今シーズンの最後まで頑張りたい」と語った。

日本代表MFの山口蛍も同じだった。
セレッソ大阪ユースチームから成人チームでデビューし、ハノーファー96でプレーしたこともある。
今のセレッソ大阪の主将であり、背番号10を貰うほど絶対的な影響力を持っている選手だ。

そんな山口でさえ「ユン監督が来てからチームの大部分が変わった」と語った。
彼が語ったところは弱さだ。
山口は「(ユン監督は)弱かったセレッソ大阪を強いチームに変貌させたと思う。単に変えただけでなく、目ではっきりと見える成果も出した。今までセレッソ大阪は優勝タイトルを一つも取れなかったのに、ユン監督が来てから優勝した」として、「そのようなところが私の感じた最も大きなところ」と説明した。

続けて「セレッソ大阪はいつも優れた能力を備えた選手が多かった。しかしそれはずっと言われてきたことなのに、成果を出すことができなかった」として、「だが今シーズンはそれに加えて、勝負どころでの強さとか夕方に練習する習慣などを、監督がチームに根付かせてくれた」と精神的な武装をさせたユン監督に尊敬をあらわした。


20171120060219790c.jpg


愛弟子と言える水沼は、もう少し丁寧にユン・ジョンファンについて向き合った。
彼は2012シーズンから2014シーズンまでサガン鳥栖でプレーし、ユン・ジョンファン監督が繰り広げるサッカーの中心として活躍した。
かつてユン監督は「水沼のような選手がいればサッカーをするのは楽だ」と彼を讃えたことがある。
日本の年代別代表に着実に名前を上げ、リーグでも実績を残している水沼だ。
今シーズンもユン・ジョンファン監督のラブコールを受け、レンタルでセレッソ大阪に移籍してきた。
迫る2018シーズンには完全移籍が有力である。

水沼は「監督の言葉はすごくシンプルだ。しかしそのような一言一言が選手にしっかり浸透している」として、「闘争心を強調するとか、一歩さらに走るとか、守備についての切り替えのところを常に話すが、そのようなところを競技場でさらに表出できるように選手に浸透させた部分が、ユン監督のすごいところ」と語った。

彼は面白いことも言った。
自分は助力者だという。
3年近くの時間をともにしたから言えることだった。
彼は「どうしてもセレッソ大阪にはユン監督についてよく知らない選手が多い。しかし私が"監督が言ってるのはこういう意味"というのを選手に教えている。監督の指導がますますチームに受け入れられているようで嬉しい」と語った。

続けて「セレッソ大阪には能力のある選手が多くいる。代表選手も多い。それくらいのレベルの選手にはそれなりの自尊心があるので、少し難しいところもあったのではないか。しかしそういうことが上手く調節されている。また、監督は多くを語らず、競技場で競争できる力をくれた。そういうことが好成績を出している要因だろう」として、「それに結果まで良いので、雰囲気も良くなっているのだと思う」と笑みを浮かべた。


20171120060219790d.jpg


「ACLにも絶対に出たい。日王杯でもまだチャンスが残っている」と言った彼は、「ユン・ジョンファン監督を絶対に胴上げしたい」と明るく笑った。

セレッソ大阪は今シーズン、2部リーグに当たるJ2リーグから昇格したばかりである。
彼らがここまで上手くいくと考えた人はほとんどいなかった。
過去に香川真司、乾貴士らの華やかなメンバーを保有していたこともあったが、2部リーグ優勝すらしたことのないチームだった。
2部にいるには惜しいチームという評価はあったが、実績はなかったのだ。
勝つための最後のステップがいつも一つ足りなかった。

だがユン・ジョンファン監督はそのようなチームを新年からすべて変えていっている。
多くは語らないという選手の証言通り、チーム員を信頼することと同時に勝つ方法、そして勝者のマインドをチームに注入している。
日本最高レベルの選手もまた、そのようなユン・ジョンファン監督の指導法を全面的に信頼している様子だ。
相互間の粘り強い信頼がある限り、セレッソ大阪の日本サッカー界爆撃は続く見通しだ。


【関連記事】
【インタビュー】プロ初優勝のセレッソ大阪ユン・ジョンファン監督「私のサッカー哲学は韓国でも日本でも同じ」
【インタビュー】ルヴァン杯優勝のユン・ジョンファン監督が描くセレッソ大阪の二つ目の目標
相変わらずだったセレッソ大阪のヨニッチ「環境的な面は日本がはるかに良いが、仁川は本当に重要なチーム」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...