[チャレンジPOレビュー] "イ・ジョンヒョプ"釜山、牙山に3-0勝ち…"尚州と昇降PO"
インターフットボール




※一部要約

釜山アイパークがイ・ジョンヒョプの決勝ゴールで牙山ムグンファFCを下して昇降プレーオフに進出した。

釜山は18日、釜山九徳総合運動場で行われたKリーグチャレンジ2017プレーオフに3-0で勝利した。
昇降プレーオフを確定させた釜山は、クラシック11位の尚州尚武と運命の対決を繰り広げることになった。


20171118170131761a.jpg


スポンサーリンク
楽天





釜山、故チョ・ジンホ監督の霊前に捧げた"昇降PO行き"チケット
聯合ニュース

20171118174918775.jpg


※一部要約

「残りの試合もすべて勝って(亡くなったチョ・ジンホ監督に)報いる」

プロサッカーKリーグチャレンジ(2部リーグ)釜山アイパークの新鋭FWイ・ドンジュン(20)は18日、釜山九徳総合運動場で行われたKリーグチャレンジプレーオフで、1人で2ゴール炸裂させて3-0の勝利とともに所属チームの昇降プレーオフ進出を導いた後、試合最優秀選手(MVP)の所感でチョ・ジンホ前監督との約束を思い出した。

先月10日に心臓麻痺のためシーズン中に亡くなった故チョ・ジンホ監督に、3年ぶりのクラシック(1部)昇格と大韓サッカー協会(FA)カップ優勝を捧げると選手同士で誓ったためである。


20171118174918775a.jpg


釜山はこの日、チャンレジ準プレーオフの関門を突破して上がってきた牙山ムグンファを相手に、イ・ドンジュンを含む選手全員が強い意志を見せて勝利を成し遂げた。

早期にチャレンジ正規リーグ2位を確定させていた釜山は、引き分けでも昇降プレーオフに進出できたが、序盤から強い攻勢で牙山を攻め立てた。


20171118174918775b.jpg


この日の試合を指揮したイ・スンヨプ釜山コーチは「1ゴール勝負と予想していたが、私たちの選手がよく戦ってくれた。尚州との昇降プレーオフをしっかり準備し、クラシックに上がれるようにする」と語った。

釜山の選手は昇降プレーオフ2試合とFAカップ決勝1・2次戦を含めて4試合の致死的な日程を消化する。

まず22日に釜山九徳総合運動場で尚州との昇降PO1次戦を行い、昇降の有無が決まる2次戦は26日に尚州市民運動場で行う。

続けて蔚山とのFAカップ決勝2試合が待っている。

FAカップ決勝1次戦は29日に釜山九徳総合運動場で繰り広げられ,2次戦は12月3日に蔚山文殊サッカー場で開かれる。

昇降PO2次戦(26日)が終わった三日後にすぐFAカップ決勝1次戦を行わなければならない強行軍である。

19日にクラシック最終戦を終えて、10日空けて準備する蔚山よりも悪条件でFAカップ決勝に出なければならないわけだ。

釜山は昇降POで勝利してクラシックに昇格し、ACL出場権が与えられるFAカップ優勝まで占める、二兎の狩りを狙っている。

チョ・ジンホ前監督の霊前に1部昇格とFAカップ優勝を捧げるという釜山の選手の夢が実現するか注目されている。





【関連記事】
安田理大が語るKリーグチャレンジ(2部)「オランダ1部よりレベルが低いがハードなリーグ」
韓国メディア:釜山アイパークのチョ・ジンホが急性心不全で死去…深刻なストレスに苦しめられる指導者
【Kリーグ】韓国メディア:昇降制を眺める2つの見方…理想と現実の間



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...