韓国、ワールドカップパワーランキング29位…ドイツ1位-日本27位(英ガーディアン)
インターフットボール




※一部要約

シン・テヨン監督が率いる大韓民国サッカー代表が、英国日刊紙"ガーディアン"の選定したロシアワールドカップパワーランキングで29位を占めた。
1位は"ディフェンディングチャンピオン"のドイツが占めた。

ペルーを最後にロシアワールドカップに進出する32ヶ国がすべて決まった。
まず韓国が所属するアジアからは計5チームが本戦に進出した。
アジア地区最終予選A組2位を記録した韓国を筆頭に日本、イラン、サウジ、オーストラリアがアジア代表として出場する。
永遠の優勝候補イタリアがワールドカップ本線進出に失敗し、常連客のアメリカも脱落の苦杯をなめた。

ワールドカップ進出国がすべて決まった状況で、英国日刊紙"ガーディアン"は16日、ロシアワールドカップ進出国32チームのパワーランキングを選定して発表した。
シン・テヨン監督が率いる韓国は32チーム中29位に終わった。
ワールドカップに初めて出るパナマ、アジアの2チームであるサウジアラビアとオーストラリアが韓国より順位の低いチームだった。

ガーディアンが選定したワールドカップパワーランキングで最も高いチームは"ディフェンディングチャンピオン"ドイツである。
ドイツはヨーロッパ予選で10戦全勝を記録するなど、圧倒的な姿を見せて本戦のチケットを手にしたし、今回のワールドカップで2連覇を狙っている。
その後にブラジル(2位)、スペイン(3位)、フランス(4位)、ベルギー(5位)が続いた。

アジアではイランが26位で最も高評価を受け、日本が27位を記録した。
そこに開催国ロシアも24位に留まった。
最近韓国と評価試合を行ったセルビアとコロンビアはそれぞれ19位と20位だった。


スポンサーリンク
楽天








#ガーディアン選定ワールドカップパワーランキング

1位:ドイツ(注目選手:レオン・ゴレツカ)
2位:ブラジル(注目選手:ネイマール)
3位:スペイン(注目選手:イスコ)
4位:フランス(注目選手:キリアン・ムバッペ)
5位:ベルギー(注目選手:エダン・アザール)
6位:ポルトガル(注目選手:ベルナルド・シウバ)
7位:ナイジェリア(注目選手:アレックス・イウォビ)
8位:ポーランド(注目選手:ロベルト・レバンドフスキ)
9位:アルゼンチン(注目選手:リオネル・メッシ)
10位:ウルグアイ(注目選手:ロドリゴ・ベンタンクール)
11位:メキシコ(注目選手:イルビング・ロサノ)
12位:アイスランド(注目選手:ギルフィ・シグルズソン)
13位:クロアチア(注目選手:ルカ・モドリッチ)
14位イングランド(注目選手:マーカス・ラッシュフォード)
15位:セネガル(注目選手:サディオ・マネ)
16位:スウェーデン(注目選手:エミル・フォルスベリ)
17位:デンマーク(注目選手:クリスティアン・エリクセン)
18位:モロッコ(注目選手:ハキム・ツィエク)
19位:セルビア(注目選手:ネマニャ・マティッチ)
20位:コロンビア(注目選手:ハメス・ロドリゲス)
21位:エジプト(注目選手:モハメド・サラー)
22位スイス(注目選手:リカルド・ロドリゲス)
23位:ペルー(注目選手:パオロ・ゲレーロ)
24位:ロシア(注目選手:アレクサンドル・ゴロビン)
25位:コスタリカ(注目選手:ケイラー・ナバス)
26位:イラン(注目選手:サルダル・アズムン)
27位:日本の(注目選手:井手口陽介)
28位:チュニジア(注目選手:ユセフ・ムサクニ)
29位:韓国(注目選手:ソン・フンミン)
30位:パナマ(注目選手:アニバル・ゴドイ)
31位:サウジアラビア(注目選手:モハマド・アル-サラウィ)
32位:オーストラリア(注目選手:アーロン・ムーイ)




外信の評価でも避けられない"ワールドカップ最下位圏"の韓国サッカー
聯合ニュース




※一部要約

ガーディアンは「(14日の)セルビアとの試合でゴールを決めたク・ジャチョルや、(10日の)コロンビア戦で2ゴールを炸裂させたソン・フンミンくらいを除けば、明確に才能のある選手は不足している戦力」として、「2002年の栄光を再現するのは難しそうに見える」と評価した。

注目選手には"エース"ソン・フンミンが選ばれた。

他の外信が発表した順位で、韓国の位置はガーディアンより多少良かったが、大きな差はなかった。

アメリカのスポーツ専門雑誌スポーツ・イラストレイテッド(SI)は「韓国はワールドカップアジア予選で3敗を記録して苦戦し、やっとのことで2位で上がった」という評価とともに26位に上げた。

SIの順位ではブラジルが1位に上がり、スペイン・ドイツが後に続いた。

ヤフースポーツが発表した順位では、韓国は28位に位置していた。

ヤフースポーツは「韓国は最近2回の評価試合で印象的だったが、ワールドカップ最終予選の終盤には揺れていた。見るのが苦しいくらいだった」と伝えた。

今月の評価試合を除き、今年3月の中国戦から先月のロシア・モロッコとの評価試合の敗北まで、韓国代表の結果を羅列して「これは正確にはワールドカップに出られるほどのフォームではない」と酷評した。

1位ブラジル、2位ドイツ、3位スペインで、三種類のメディアとも3ヶ国の順位が若干違うだけで、断然"ビッグ3"に挙げられていた。



死の組になってスタープレーヤーがドリブルするのを見よう



言い訳の余地がない評価だ~



外信ですら見るのが苦しいほどだった
ふふふふふ




オーストラリアはそれでも私たちよりマシだと思う



6位:ポルトガル(注目選手:ベルナルド・シウバ)


┗ふふふふふふふ
 ロナウドTTTTTTTT


┗ロナウドも30代半ばじゃないか


┗イングランドもケイン、アリじゃないのか



そのまま死の組になって名誉に戦って脱落するのが良いのでは


┗それでもボールは丸い



ブラジル、イングランド、スウェーデンと同組になろう



大韓民国29位は予想外だ
32位だと思ってたのに


┗結局韓国が勝ったコロンビアも16位以下だね



これは何の意味があるのか



32位に訂正しろ



私たちも守備の組織力さえしっかり整えれば
かなり上手くすると思うのだが…



22位スイス(注目選手:審判)、24位:ロシア(注目選手:プーチン)


┗ロシアのプーチンはレアルファクト
 ふふ



チュニジアはグループ1位で進出したのに
パワーランキングが日本の下で韓国のすぐ下だと?


┗アフリカは5組でグループ1位だけが進出する
 チュニジアと同組のチームはコンゴ、リビア、ギニアだった



ドイツがブラジルより高い理由は何だ?
優勝回数や出場回数はブラジルが多い


┗7対1が大きかったしディフェンディングチャンピオンでもある



英国の日刊紙だからイングランドを14位に上げている
30位くらいだ




日本は私たちより低いのだが
デタラメだ



これは高すぎるのでは
事実上最下位がファクトである



2002年の栄光は難しそうに見える
実際にはあまりにも困難



32位じゃないのが不思議



大韓民国は現実的な順位
ナイジェリアとポーランドは過大評価されている




スペインさえ避ければ良い



ドイツは名実ともに優勝候補1位
フフッ
世界最強~



アジアのワールドカップ成績
1勝6分け8敗と予想



ナイジェリア7位…
今大会の強力なダークホース



日本はこれといったスターがいないようだ
変なヤツを入れてるのを見ると…
香川でも入れてやれ




アジアは1枚でも多い



ワールドカップパワーランキング本当に久しぶりだ(笑)(笑)



才能が不足しているチーム!
これが正解であり問題だ



ドイツの注目すべき選手はヴェルナーじゃないのか?
戦車軍団の新星なのに



韓国は31位なのだが???
オーストラリア、サウジアラビアが私たちよりも下?
ふふ



オーストラリアがなぜ32位?




いざ蓋を開けてみれば完全に違う~!



私たちよりも弱いチームはないという意味だ



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...