セルビア監督「韓国サッカーは大きく発展…タフな試合を予想」
ニュース1




※一部要約

ムラデン・クルスタイッチセルビア監督が、韓国サッカーは過去と比べて発展したとして、タフな試合を予想した・

セルビアは14日午後8時、蔚山文殊競技場で韓国と評価試合を行う。
クルスタイッチ監督は試合前日の13日、文殊競技場で行われた記者会見で「12日午後に初練習をした。韓国の歓待をありがたく思う」として、「韓国はワールドカップに出場するチームなので良いチームだ。タフな試合になると予想する。良い試合をできるようにする」との意向を明かした。

クルスタイッチ監督の訪韓は今回が初めてではない。
彼は2000年にユーゴスラビア代表として韓国を訪問、2回の評価試合をした経験がある。

クルスタイッチ監督は「選手時代の2000年と今の韓国サッカーを比べると、(韓国が)発展したことがわかる。これは国際大会でおさめた成績から知ることができる」として、「韓国相手に競技場で印象的な競技力を引き出せるように準備している」と明かした。

セルビアは10日に行った中国との評価試合に2-0で勝ったことがある。
そのときセルビアは、相対的に優位な体格と力を全面に出して完勝した。

クルスタイッチ監督は「(セルビアの)身体的条件が優れているので自然と出てくるプレーだ。(韓国戦では)特に体格的な優位を活かす戦術やサッカーについては考えていない」と伝えた。


スポンサーリンク
楽天





セルビア主将イバノビッチ「韓国選手はタフで強靭だった」
ニュース1




※一部要約

セルビア代表の主将ブラニスラフ・イバノビッチが、過去の経験を思い出して手強い試合になると予想した。

セルビアは14日午後8時、蔚山文殊競技場で韓国と評価試合を行う。
セルビアの主将イバノビッチは試合前日の13日、文殊競技場で行われた記者会見で「所属チームで韓国選手をたくさん相手にしてきた。彼らはタフで強靭だった。今回も期待をたくさんしている」と明かした。

イバノビッチはイングランドプレミアリーグによく接している韓国ファンにとって馴染みの顔である。
彼は2008年から2017年までプレミアリーグの強豪チェルシーの主戦DFとして活躍し、リーグ優勝2回とUEFAチャンピオンズリーグ優勝1回などを達成した。

当時イバノビッチはパク・チソンやソン・フンミン、キ・ソンヨンらプレミアリーグで活躍した韓国選手を直接相手にしたこともあった。

イバノビッチの経験は代表でも続いている。
彼はこれまで計99回のAマッチを行い、韓国戦を通じてセンチュリークラブ(Aマッチ100試合)加入を狙っている。
セルビアサッカー協会は、大韓サッカー協会に評価試合の前にイバノビッチのセンチュリークラブ加入を祝福するイベントを要請している状態である。

個人的に意義のある韓国戦についてイバノビッチは「100回目のAマッチを行うことになり、嬉しいし誇らしい」として、「韓国戦は良い経験になるだろう。ワールドカップを準備するセルビアにとって良い機会になるだろう」と伝えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...