歪んだ仁川ファンの心、グラウンド乱入後にクラブ関係者暴行および恐喝
スポーツ朝鮮




※一部要約

5日、光陽サッカー専用球場で行われた仁川-全南の2017Kリーグクラシック37ラウンド。

90分の血戦が終わった。
笑ったものはいなかった。
2対2の引き分け。
より名残が大きかったのは全南だった。
仁川選手が2人退場して数的優位を占めいていたが、多くの得点チャンスを活かせなかった。

結局クラッシック残留戦争は最後の舞台で終止符を打つことになった。
三つ巴戦である。
9位仁川(勝ち点36)、10位全南、11位尚州(以上勝ち点35)が昇降プレーオフを行う11位をめぐり、クラシック最終戦に運命をかけることになった。(※12位の光州FCは降格決定)

この日の試合後、選手がいなくなったグラウンドは修羅場となった。
遠征に来た仁川サポーターが度を越えた"実力"を行使して、全南のクラブ関係者と衝突した。
試合後に「しっかりしろ、審判」など審判の判定に不満を叫んでいた仁川サポーターの中の2人がグラウンドに乱入し、サポーター側を携帯電話で撮影していたグラウンドマネージャーを暴行した後、携帯電話を持って消えた。
左胸を掴んでグラウンドに倒れた関係者は、なかなか起き上がれずにずっと横たわっていた。

仁川サポーターの歪んだファンの心は今回が初めてではない。
2013年にはサポーターが競技場に乱入し、クラブが700万ウォンの制裁金を課せられた。
また、競技場の出入り口を塞いだこともあった。
2013年8月3日の蔚山戦で、審判陣が競技場を出るのに備えて3つの出入り口を見張っていた。
当時、サポーターの代表3~4人が主審と直接会うと言ってミックスゾーンまで侵入し、その過程で興奮したファンがセキュリティ要員と小競り合いを起こしたこともあった。

去年も観客の乱入があった。
だが理解できるだけの乱入だった。
仁川がクラシック残留に成功した後、ホームのファンが嬉しさのあまりグラウンドに駆け寄って選手と喜びを分かち合った。
選手とファンが一ヶ所に混ざって熱狂する姿は、珍しい風景として広く知られたこともあった。

だが勝負の世界では守らなければならないラインがある。
サポーターのこうした行動は、貧しい市民クラブに負担だけを余計に加重させるものである。
特に仁川は、クラブもサポーターに対する管理責任から自由にはなれない。


スポンサーリンク
楽天





仁川サポーター、全南職員を暴行
スポーツ京郷




※一部要約

仁川サポーターは試合中に選手が2人退場させられたことについて審判に抗議し、それを携帯電話で撮影している職員を肘で押し倒した。
観客席からグラウンドに飛び込んだサポーター2人は、その職員の携帯電話の写真を消すという理由で持っていたが、警察が収束に乗り出すと慌てて返した。

暴行された職員は救急車で病院に運ばれた。

ある仁川サポーターは「携帯電話で写真を撮るなと求めた」として、「その過程である女性が自分の頭に向けて円を描いて挑発し、事件が起きた」と釈明した。

全南の関係者は「仁川の選手も私たちの選手も今日は最善を尽くしたが、試合後に芳しくないことが起きて残念だ」と語った。

仁川サポーターはKリーグクラシック生存をかけて戦っている仁川を応援するため、"非常遠征隊"という名前で300人余りが光陽へ遠征応援に出ていた。










サッカー場に観客がいない理由:人でなしがいるから



Kリーグが発展しない理由


┗Kリーグはすでに興行が滅んでいる



挑発しても罵ってもグラウンド乱入は許容できない



腹の上に丁寧に携帯電話が
ふふふ




仁川市民として代わりにお詫び申し上げます



こういう連中は永遠に入場禁止にするべき



仁川を降格させろ!!!



仁川のようなクラブにサッカー専用競技場はもったいない



理由がどうであれ人を暴行するのは厳然たる犯罪です



Kリーグを解体するべき理由



魔界仁川のクラス



サッカーも野球のように応援文化を変えろ
サポーターズをなくしてチアリーダーを作ろう




仁川フーリガン
ふふ



内容が事実なら2人を捕まえることを願う



来年仁川のホーム試合10試合を無観客の懲戒にしろ



市道民クラブは解体が答えだ



Kリーグを滅ぼす原因はサポーターだ



仁川はイ・チョンスの血が流れているようだ(笑)






はい仁川降格~



本当に情けない



いや恐喝って何だ?
なぜ盗んだ?



記者がKリーグを滅ぼす
実際に調べてから書け



それにしても金がないのにまた罰金を食らうだろうね



本当に降格するべきチームは仁川だ



暴行と恐喝が事実だろうとそうでなかろうと
グラウンド乱入自体はファクトのようだから
この部分は明らかに間違ったようだ




Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...