"なぜ…"キ・ソンヨン-イ・チョンヨン、EPL最悪のチームで感じる降格の危機
スポーツ韓国




※一部要約

奇妙だ。
"親友"キ・ソンヨンとイ・チョンヨンの所属チームであるスウォンジー・シティとクリスタルパレスは今シーズン開始2ヶ月で、最悪のチームとしての歩みを見せている。
このまま行けば降格が当然になる他ない両チームに所属している双龍だ。

スウォンジー・シティは5日、リバティ・スタジアムで行われたEPL11ラウンドのブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFCとのホーム試合に0-1で敗れた。
キ・ソンヨンは中央守備型MFとして先発出場したが大きな活躍もなく、チームに敗北とともに振るわなかった。

前半29分にゴールを奪われたスウォンジーは、息苦しい競技力だけを繰り返して無気力に敗れた。

試合中ずっと嘆かわしい競技力で敗北が当然だったスウォンジーは、この日の敗北で何と4連敗に陥った。
11試合で2勝2分け7敗の勝ち点8で、20チーム中18位の降格圏に入っている。


スポンサーリンク
楽天








明らかに勝つことができた。
相手のブライトンは昨シーズンにチャンピオンシップから昇格してきたチームである。
戦力が弱く、スウォンジーのホーム試合だった。
それでも無気力に敗れ、試合後半にはホームファンがむしろブーイングを送るほどだった。

どん底に落ちたスウォンジーにとって降格や監督交代は他人事ではなくなった。
スウォンジーとともに最悪の状態に置かれているチームもある。
イ・チョンヨンの所属チームであるクリスタルパレスだ。

すでに監督交代まで敢行したクリスタルパレスは、1勝1分け8敗という最悪の成績で最下位をマークしている。
新監督が就任したが、最近3試合で1分け2敗と大きく変わったことはない。

イ・チョンヨンはますます出場機会が減っていて、このままではキ・ソンヨンとイ・チョンヨンのどちらも降格圏チームで苦しみ、チームの降格を見守らなければならない境遇になりかねない。

もちろん個人の誤りでもないが、それでも責任から自由にもなれない。
キ・ソンヨンとイ・チョンヨンは世界最高リーグであるEPLでプレーしているが、最悪のチームに所属して降格の危機を心配しなければならない同病相憐の痛みを共有せざるを得ない。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...