[オフィシャル] 水原、ソ・ジョンウォン監督と"2+1"の延長契約
インターフットボール




※一部要約

水原三星がソ・ジョンウォン監督との再契約に合意した。

水原は18日、報道資料を通じて「今シーズンに契約が満了するソ・ジョンウォン監督と契約に関する細部事項について競技を終え、"2年+1年"の条件で再契約した」と発表した。
契約期間は2019年までであり、相互協議によって1年延長する条件で合意した。

ソ監督は水原三星の選手時代にKリーグ優勝2回(1999、2004)とアジアクラブチャンピオンシップ優勝2回(2001、2002)など計12回の優勝を導いた代表的レジェンドで、2012年に首席コーチを経て翌年第4代水原三星監督に就任した。

ソ監督は2014年と2015年にKリーグ準優勝に続いて、去年FAカップ優勝を導き、今シーズンはFAカップ2連覇に挑戦している。





スポンサーリンク
楽天





"再契約"ソ・ジョンウォン、水原最長寿監督まで眺める
フットボールリスト




※一部要約

ソ・ジョンウォン監督はクラブチームの指導者も水原から始まった。
ソ監督は2012年に男子サッカー代表コーチから退いた後、水原の首席コーチを引き受けた。
2013年にはユン・ソンヒョ監督の後を継いで水原の4代指令塔に就任した。

今シーズンの水原は、序盤の不振を乗り越えてKリーグクラシック4位に上がっている。
FAカップでも準優勝に進出し、2年連続優勝に挑戦している。
ソ・ジョンウォン監督は水原を率いてKリーグ通算186試合で78勝57分け51敗を記録中である。

ソ・ジョンウォン監督は親企業の支援が減った中でもクォン・チャンフン、ミン・サンギ、ク・チャリョン、イ・ジョンソン、キム・ゴンヒらユース出身選手を主軸に成長させ、指導力を認められた。

ソ・ジョンウォン監督はクラブを通じて「信頼を送ってくれたクラブとファンに感謝を申し上げる」として、「水原三星の堅いユースシステムから排出された若い資源を成長させ、若く躍動的なチームに強化する」と再契約の所感を明かした。

一方、ソ・ジョンウォン監督が相互合意の下で契約を2020年まで延長すれば、水原の1代監督であるキム・ホ監督(8年)とともに、水原の歴代最長寿監督に上がることになる。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...