キム・ミンジェ、右膝の怪我で"シーズンアウト"…シン・テヨン号にとっても青天の霹靂
スポーツソウル




※一部要約

全北と代表で核心DFに位置づけられていたキム・ミンジェがシーズンアウトの怪我を負った。

チェ・ガンヒ全北監督は15日、全州ワールドカップ競技場で行われたソウルとのホーム試合を前に、彼の膝の手術の便りを伝えた。

全北はソウル戦を皮切りに、来月末までKリーグクラシックグループAの日程を消化しなければならない。
優勝のための重要な旅程だが、キム・ミンジェが注射を打ってでも試合に出場するのは無理だというのがチェ監督の考えである。

彼の手術で全北はもちろん、シン・テヨン監督が率いる代表にとっても青天の霹靂のような便りである。
キム・ミンジェは今年全北に入団したが、新人に似合わず大胆ながらも賢い守備で全北4バックの一軸を担った。
8月31日のイラン戦と9月6日のウズベキスタン戦のロシアワールドカップアジア最終予選9~10次戦でAマッチデビューをしたが、やはり代表初出場という点が信じられない活躍を繰り広げていた。


スポンサーリンク
楽天





"最高新人"キム・ミンジェ、膝の手術で事実上"シーズンアウト"
OSEN




※一部要約

2017年の韓国サッカーが発見した最高の才能キム・ミンジェが事実上のシーズンアウトとなった。

チェ監督は「キム・ミンジェは右膝半月板軟骨の手術をしなければならない。これまで他の選手の場合も見守ってきて大丈夫だと思っていたが、予想外に痛みが酷かった」として、「なので明日くらいに日本に渡って手術をする予定」と明かした。

続けてチェ監督は「複雑な手術ではない。関節鏡の手術で3~4週くらい回復が必要だとわかった」として、「早く回復すれば休息期を通じて復帰もできると思っていたが、選手のために今シーズンは事実上出場させないつもり」と伝えた。

今年全北に入団してプロデビューしたキム・ミンジェは、29試合に出場して2ゴールを記録中である。
CBとして代表に抜擢されてから爆発的なの力を披露し、久しぶりに大型DFとして育つと将来が嘱望されている選手だ。

だがプロ新年に代表選出など、無理をしていて膝に異常が生じたものとみられる。

チェ・ガンヒ監督は「大学のときとは完全に異なる状況だ。スケジュールもかなり過密で、毎試合集中しながら試合に臨んでいて、選手本人も知らないうちに問題が発生したようだ」として、「残念だが選手の将来のためにも、やむを得ず手術をすることに決めた」と語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...