韓国と正反対の日本のポゼッションサッカー論難
ベストイレブン




※一部要約

韓国でもポゼッションサッカーの虚数について論難が起きている中、日本では正反対の観点から甲論乙駁が広がっている。
ハリルホジッチ日本代表監督が支配率は勝利と何の関係もないと主張しているが、日本サッカーの関係者はハリルホジッチ監督の懐疑感を示している。

日本メディア<日刊ゲンダイ>によると、ハリルホジッチ監督は今回の10月のAマッチ2連戦に出場する選手のエントリー発表公式記者会見で、ポゼッションサッカー無用論を繰り広げた。

ニュージーランド戦で競技力があまり良くなく、メディアやファンの批判を買っているが、このとき提起された論難がある。
果たしてハリルホジッチ監督のサッカー哲学が、日本サッカーに合っているかだ。
ハリルホジッチ監督は就任当初から選手の運動量とフィジカルについてかなり強調していた。
旺盛にグラウンドを走ることができる体力を備えているのはもちろん、相手選手と激しく競り合う闘争心のある試合姿勢を選手に求めている。
パスを通じてボールを支配し、それによって作られたチャンスをゴールに繋げるプレーを楽しんでいた日本サッカーとは、まったく色の異なるサッカーだ。

だがハリルホジッチ監督は自分の主張を曲げていない。
ハリルホジッチ監督はメンバー発表記者会見で「日本では指導者やメディアを通じて"ポゼッション"という言葉をしばしば聞く。支配率が高ければ勝てるという話だ。だがこれは間違った主張」と声を高めた。
何と20分間もこの主題について力説したが、単に個人的見解を明かすだけでなく、特定の試合の記録まで取り上げて自分の主張を後押しした。

2017-2018UEFAチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマンとバイエルン・ミュンヘンの対決である。
32強B組2ラウンドで行われた両チームの対決で、パリ・サンジェルマンはバイエルン・ミュンヘンに3-0で完勝した。


スポンサーリンク
楽天





ハリルホジッチ監督は「パリ・サンジェルマンの支配率は37.6%、バイエルン・ミュンヘンは62.4%だった。パリ・サンジェルマンのパス総回数は386本、バイエルン・ミュンヘンは568本だった。CK?パリ・サンジェルマンは1本、バイエルン・ミュンヘンは18本だった。だが試合はパリ・サンジェルマンが3-0で勝った。パリ・サンジェルマンが上回った統計があるからだ。"デュエル(duel)"の成功率だ。パリ・サンジェルマンは57.4%に達するデュエル成功率を記録した反面、バイエルン・ミュンヘンは42.6%に終わった。ボール支配率は意味がない」と主張した。

ここでハリルホジッチ監督が言う"デュエル"はフランス語で決闘、つまり一対一の争いでの優位を意味する。
いくらパスでボールを支配しても、ボールを持っている選手がそうでない相手選手との対決で負ければ意味がないということである。
最近ボール支配率に重点を置く反面、一対一の競り合いで勝つ選手がいないという評価を受けている韓国サッカーに照らしてみても、ハリルホジッチ監督の主張はかなり説得力があるように聞こえる。

だが日本サッカー界の反応は気に食わない様子である。
フィジカルに優れ、速く猪突的だったアルジェリアの試合スタイルは、日本選手とはまったく合わないという主張だ。
さらにハリルホジッチ監督はとてつもない強度の守備加担まで注文しているが、ただでさえ肉体的に厳しいプレースタイルを注文されている日本選手がそれを遂行するのは無理だというのが日本サッカー界の反応である。

日本サッカー界はハリルホジッチ監督のサッカー戦術と哲学は、かなり明確で説得力もあるというのを認めつつも、今までそのような試合方式を実行してなかったという点を挙げて好ましくないと考えている。
興味深いのは、ボール支配率に固執する方式から脱して、以前のようにフィジカルと線の太いサッカーに回帰しなければならないという主張をしばしば見つけることができる韓国サッカー界の論難とは正反対の雰囲気だという点である。
支配率を取り巻く日本サッカー界の論難は、ハリルホジッチ監督の就任期間でずっと続くものとみられる。


【関連記事】
韓国人記者「このままではロシアW杯のアジア最高成績は日本になる、自尊心が許さない状況が来ないように願う」
韓国メディア:日本のハリルホジッチ監督の状況が羨ましい…韓国のシン・テヨン監督はヒディンク狂風でもつれてしまった
韓国ネチズン反応:日本が終了3分前のゴールでニュージーランドに2-1の冷や汗勝ち



今日本の心配をしてるときなのか?


┗心配してる文章じゃないのだが?



日本は日本次第だ
シン・テヨン監督の分析記事をもっと上げろ


┗今年の修能の分析でもしてろ


┗ハリルホジッチを韓国に迎えなければならない
 スタイルが2002年のヒディンクスタイルだ


┗ここまで来たらすべての道はシン・テヨンに通ずる



ハリルホジッチは日本より韓国に合った監督のようだ
かつての闘争心を再び目覚めさせて体力を優先する2002年の
ヒディンク練習方式が本当に韓国とよく合う
韓国に来れば14アルジェリア級の業績を残す




事実、ハリルホジッチのスタイルが最も合う国は韓国だ



これが監督だ
協会に振る舞わされない…



ハリルホジッチが目指すサッカーは我が国にピッタリなのに残念だ…



率直に最近10年間で日本より優位だったときがあるのか?
そして私たちが日本を心配してるときなのか?



日本の心配をする記事というより
日本ではこのような論難がある程度に理解すれば良いだろう




ハリルホジッチとシン・テヨンを替えよう



私たちが支配率の高いサッカーをしたことがあったのか



韓国サッカーにピッタリの監督なのに…
エヒュ~~~



フィジカルの優れた韓国チームに適した戦術じゃないか?



韓国はワールドカップに進出する実力じゃない



この日本の監督が私たちの代表監督を引き受けるべきだった



日本よ、お前たちが使わないなら私たちに与えろ
韓国にピッタシだ
ふふ




支配率が高ければ高いほどチャンスを多く作らなければならない
そうじゃなくてバックパスや横パスもするポゼッションサッカーならゴミだ



私たちはゴールの近くにも行けないのに支配率だけ高い



我が国に来い
大歓迎だ



支配率は明らかに重要だが
最も重要なのは決定力で…



この人が韓国代表監督をするべき



バックパスだけのサッカーの支配率は意味がない



客観的に私はこの監督をリスペクトする



シュティーリケが日本に行くべきだった
ハリルホジッチが私たちの方に来て



彼からヒディンクの匂いが感じられる



こういう監督が韓国チームに必要…
幸せな悩みだ
日本が羨ましいTT



日本と評価試合をすれば面白いだろう~
監督更迭を賭けて一勝負しよう




Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...