"ヒディンク論難"キム・ホゴンサッカー協会副会長の国政監査証人を採択
NEWSIS




※一部要約

29日の国会教育文化体育観光委員会によると、イ・ジョンベ自由韓国党議員の要請で、キム・ホゴン副会長とノ・チェホヒディンク財団事務総長が国政監査証人に採択された。

2人は最近、フース・ヒディンク元サッカー代表監督が代表を手助けするとういオファーをしたが、サッカー協会側がこれを知らないふりをしていたという論難で、真実ゲームを行っていた。

キム委員長は6月、ノ事務総長からメッセージを受けたが、ヒディンク側からどんな連絡も受けてないと言っていて、一歩遅れて言葉を変えたとしてファンの叱責を受けている。





スポンサーリンク
楽天





キム・ホゴン、FIFA規定を意識して"国政監査欠席"計画…ネチズン「言い訳するな」
世界日報




※一部要約

キム・ホゴン大韓サッカー協会副会長兼技術委員長が、国会の国政監査の出席要求に応じないものとみられる。

7日、大韓サッカー協会の高位関係者は「13日午前に政府世宗庁舎で予定されている文化体育観光部の国政監査で、証人に出て欲しいという要請をキム・ホゴン副会長は受けたが、参加しないものとみられる」として、「キム・ホゴン副会長は元々予定されていたサッカー代表のロシア内ベースキャンプまで見て回った後で帰国することがわかっている」と伝えた。

現在のFIFAの規定では、サッカー協会の運営に対する外部の干渉を許容しないようにしていて、これに違反すれば当該国に対してワールドカップおよび各種国際大会の試合参加禁止などの懲戒を下すことになっている。

先月29日、国会教育文化体育観光委員会はキム副会長に、フース・ヒディンク元韓国代表監督の選任論難に関して、国政監査に証人として出席してくれという要求書を伝えた。

キム副会長とやり取りをしたカカオトークのメッセージに関して、真実の攻防を行ったノ・チェホヒディンク財団事務総長も証人の出席要請を受けていた。

キム副会長の国政監査欠席予定のニュースに、ネチズンは「FIFAの懲戒を受けてでも監査を受けろ」、「国政監査ではなく検察捜査をするべきだ」、「腐敗に関わった元・現職役員に対する調査が、どう政治的に絡んでくるのか」、「国会が立ち上がって大韓サッカー協会に対する強制調査をちょっと推進しよう」、「国際大会に出られないことがあっても、サッカー協会の積弊は清算されなければならない」、「規定を意識したのではなく、規定を言い訳にしているのだ」などのコメントを残して批判の声を高めた。


【関連記事】
学校-クラブサッカー間の亀裂を防ぐため日本サッカー協会を訪れたキム・ホゴン技術委員長「有益な時間だった」
韓国ネチズン反応:韓国サッカー協会の元会長やファンボ・カンら11人が約1億ウォンの公金私的利用で立件
韓国メディア「ヒディンクとサッカー協会、これ以上の消耗的な論争はやめにしよう」
韓国サッカー人がヒディンク監督側の発言に激怒「礼儀がない」「タダで来ると言っても使うつもりはない」
韓国ネチズン反応:ヒディンクが大韓サッカー協会の公式職責のオファーを拒絶…非公式的に助ける意向



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...