パク・ハンソ、ベトナム代表の指揮棒を取る…11月デビューの見通し
OSEN




※一部要約

2002韓日ワールドカップの功労者パク・ハンソ昌原市庁監督が、ベトナム代表監督に任命された。

パク監督は29日、ベトナムサッカー協会の関係者と会い、ベトナム代表就任の公式契約を結んだ。

契約期間は2年以上で、待遇は東南アジア監督の中で最高待遇であることがわかった。
今後の成績によってパク・ハンソ監督は、東南アジア最高待遇で監督職を引き受けることになった。

パク・ハンソ監督は10月の天安市庁とのリーグ最終戦まで終えてから、ベトナム代表を指揮する予定である。
パク監督のデビュー戦は11月14日に予定されているアフガニスタンとの試合になるものとみられる。

パク・ハンソ監督は2002年の韓日ワールドカップ代表で、コーチとしてフース・ヒディンク監督を補佐、韓国が4強に上がるのに力を加えた。
その後は慶南FC、全南ドラゴンズ、尚州尚武などのKリーグチームを指揮した。


スポンサーリンク
楽天





[SPOイシュー] ベトナムがパク・ハンソを選んだ理由…「ヒディンクの哲学を共有する監督」
スポTVニュース




※一部要約

パク監督はベトナム成人代表だけでなく、23歳以下代表まで一緒に率いる。
ベトナム成人サッカーを総括する任務である。
パク監督のベトナム代表監督職の就任を仲介したイ・ドンジュンDJマネジメント代表は、「来年の初めから行われる2018AFC U-23チャンピオンシップから2019AFCアジアカップ、さらに2020東京夏季オリンピックまで長く見て進めた選任」と説明した。

ベトナムサッカー協会はチュオンを中心に、自国の名門クラブで一緒に育成した現23歳以下の選手団を"黄金世代"と期待している。
ヨーロッパ先進サッカーの練習法で育成し、実際に優れた競技力で人気を集めた。
だが最近幕を下ろした2017SEAゲームでは、残念な競技力で4強進出に失敗した。
GL脱落後、グエン・フー・タン監督はすぐに更迭された。

ベトナムサッカー協会は、検証された外国人監督を探した。
最後まで考慮対象になったのは韓国人監督、日本人監督、ドイツ人監督だったことがわかった。
最終段階でドイツ人監督が脱落した。
ヨーロッパ先進サッカーの戦術に堪能な監督を望んでいたが、アジア選手を理解できる監督になることを望んだためである。

韓国人監督と日本人監督の比較で韓国人監督がリードした。
日本監督体制で行われた期間(三浦俊也、2014年5月~2016年1月)の成果が良くなかった前歴があったためだ。
ベトナムサッカー協会は最近、チュオンがKリーグクラシックに進出して活動中であり、KリーグオールスターとベトナムU-22代表の試合が行われるなど、接点の増えた韓国サッカーとの縁をさらに深く持とうという決定を下した。





韓国人監督の中でも色んな指導者が議論されたが、パク・ハンソ監督が最終的に選ばれたのは、経験とスタイルのためである。
最近、韓国代表でも"ヒディンク監督復帰世論"ができたことがあるが、ベトナムにとっても2002韓日ワールドカップ4強の記憶は強烈だった。
ヒディンク監督を補佐したコーチのパク・ハンソ監督はヒディンク式のサッカーを理解し、その戦術と哲学を継承した人物という点で高得点を受けた。

ベトナムサッカー協会はパク監督が率いた尚州尚武の試合、2017シーズンの昌原市庁の試合のビデオまで丹念に調べて選任を決めた。
ベトナムは短くて速いパスプレーを追求している。
身体条件的に、スペイン式のサッカーを指向する。
パク監督も選手時代、短身で速いパスを重視するサッカーをしていた。
指導者でもパスプレーで試合を作ることに集中していた面が、ベトナムサッカー協会の好感を買った。

ベトナムサッカー協会はパク監督が個人的に進めてきた社会貢献事業などについても肯定的要素と評価した。
ベトナムサッカーの黄金世代を立て直す人物を探していただけに、多方面から監督候補群を点検した。
ベトナムサッカー協会の厳しい条件を通過しただけに、全幅の支援と破格の待遇を提示した。
ベトナムとパク監督の出会いがどのようなシナジー効果を出すのか、関心が集まる。


【関連記事】
韓国ネチズン反応:ハノイの屈辱、KリーグオールスターがU-22ベトナム代表に敗れる
韓国メディア「Kリーグの東南アジア市場開拓、良いモデルは日本のJリーグ」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...