イ・スンウの所感「セリエAデビュー幸せ、もっと発展する」
デイリアン




※一部要約

"コリアンメッシ"イ・スンウがついにセリエAデビュー戦を行った。

イ・スンウは24日に行われた"2017-18イタリア・セリエA"6ラウンドのラツィオとのホーム試合で後半に交代出場して19分ほど消化した。

0-3でリードされていた後半26分、マッティア・ヴァローティと代わって投入されたイ・スンウは、2分目に相手の警告を引き出して強烈な印象を予告した。

ラツィオ相手に押されていたヴェローナは、イ・スンウが投入されてから活気を起こし始めた。
後半33分に強いシュートを一度記録したイ・スンウは、安定したボールタッチと速いサイド突破でデビュー戦から強烈な印象を残した。

試合後、イ・スンウは自身のインスタグラムのアカウントに、ラツィオ戦で交代出場する映像を上げて「セリエAでデビューできてとても幸せだ。今後もっと発展した姿をお見せする」と所感を残した。


スポンサーリンク
楽天





"記録が証明"イ・スンウのデビュー戦、チェルチ-キーンを圧倒した
Newsen




※一部要約

競技力は記録でも証明された。
イ・スンウは約23分間競技場を走ってシュート1本、重要なパスを1本記録した。
この日の試合に出場したエラス・ヴェローナのアタッカー6人の中で、重要なパスを記録した選手はイ・スンウ1人だけだった。
ドリブル成功の部分では2回でチーム内2位だった。
フルタイムを消化したSBロムロが3回だった。

後半戦の開始と同時に交代投入されたアレッシオ・チェルチ、モイーズ・キーンと比較すると、イ・スンウの記録が圧倒的である。
イ・スンウはボールタッチの部門で22回を記録して、25分も多くプレーしたキーン(20回)、チェルチ(22回)と大差なかった。
パス成功率は81.8%で両選手(チェルチ54.8%、キーン75%)を圧倒した。
イ・スンウとチェルチはパス本数が11本で同じだったし、キーンはわずか8本のパスを記録した。

イ・スンウについて憂慮があったが、デビュー戦だけを見ればその心配は無用だった。
イ・スンウは1試合で強い印象を残した。




"兄より優れた弟"イ・スンウの活躍にネチズン「苦しい韓国サッカーの希望」
世界日報




※一部要約

ヨーロッパサッカーの統計サイトであるフースコアードドットコムはこの日、イ・スンウに評点6.4でチーム2番目の高い点数を与えた。

この日のイ・スンウのデビュー戦について、ネチズンは「本当にエースだった。スンウよ花道だけを歩こう」、「スンウよ頑張れ、韓国サッカーを助けてくれ」、「代表の誰もできなかったドリブル突破をした」、「代表に抜擢しろ!苦しい今のレベルに活力を吹き込む選手だ」、「韓国サッカーの希望」などのコメントを残してイ・スンウを応援した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...