ホン・ミョンボ-チェ・ヨンス-ナム・ギイル…Jリーグ、若い韓国監督を狙う
フットボールリスト




※一部要約

日本Jリーグが若い韓国人監督の招聘に乗り出す。

Jリーグは通常、毎年9月に来シーズンの計画を立てる。
既存の監督との再契約の有無を含む選手団の構成などを悩んだ後、10月から実践に入る。
最近、日本メディアが続けて来シーズンの監督候補群を発表している理由である。
このところの日本メディアの報道で一つの脈絡を見つけることができる。
韓国人監督だ。
ガンバ大阪はホン・ミョンボ元杭州緑城監督を候補群に挙げ、FC東京はチェ・ヨンス元江蘇蘇寧監督を候補にしている。

Jリーグのニュースに詳しいある関係者は"フットボールリスト"との通話で「多くの日本チームが韓国監督に関心を持っているのは事実だ」として、「すでに韓国監督と接触しているチームもあるほどだ。9月に候補群の整理が終われば、本格的な交渉に入るだろう。少なくとも1~2チームくらいは2018シーズンを韓国人監督とともにするだろう」と語った。

Jリーグは日本でプレー経験のあるホン元監督やチェ元監督の他にも、若い指導者に注目している。
光州FCを昇格させたナム・ギイル元監督も多くの関心を集めている。
多くのJリーグチームは、厳しい状況でも光州を昇格させ、クラシック昇格後も良い姿を見せていたナム元監督を見守っている。
特にナム元監督は戦術的な能力が優れているという評価も受けている。


スポンサーリンク
楽天








日本が若い韓国人監督を望む理由は明らかである。
日本文化をある程度わかっている上、成績を出すのに優れている。
Jリーグはユン・ジョンファン監督が2017シーズンの前にセレッソ大阪を引き受けて以降、良い成績を出していることに注目している。
戦術的な部分に集中する日本監督や外国人監督より、チーム全体を強く導く韓国監督のリーダーシップが脚光を浴びている。

「日本選手は個性が強い。日本監督はそのような部分に気を使わない。韓国人監督は選手を一つにまとめて導くことに長けているという印象がある」

とてつもない規模のスポンサーとの中継権交渉の恩恵を受けたJリーグクラブは、成績を出すことに没頭している。
Jリーグが韓国人GKを大挙獲得した理由もそこにある。
韓国人GKは体が大きいだけでなく、強いカリスマまで見せる。
日本の関係者は彼らが1、2ゴール止めるだけでも成績が変わると口を揃えた。
すでにJリーグには韓国人GKが5人もいるが、2018シーズンの前にも韓国人GKを狙うチームがある。

その流れはそのまま監督につながった。
Kリーグより資金力のあるJリーグは、若く有能な韓国人監督を望んでいる。
Jリーグ上位圏チームは、監督に少なくとも6億ウォンほどの年俸を与えられる資金力を持っている。
2018シーズンにはKリーグではなく、Jリーグで韓国人監督が争う姿を見る可能性が高い。


【関連記事】
【Jリーグ】韓国メディア「チェ・ヨンス監督、FC東京からオファーが来れば受け入れる可能性は高い」
【Jリーグ】韓国ネチズン反応:ホン・ミョンボがガンバ大阪の次期監督候補に…クラブ関係者は「会ったこともない」と否定



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...