韓国-中国を経たチェ・ヨンス、日本進出で監督三国志完成?
スポーツQ




※一部要約

日本スポーツメディアの日刊スポーツとスポーツ報知などは11日、FC東京の次期指令塔候補でチェ・ヨンス監督に言及した。
東京がチェ監督に関心を持っていて、候補群に置いているという。

日刊スポーツはブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンを率いたフェリックス・マガト監督がチェ・ヨンスの競争相手だと報じた。

来シーズンの反騰を狙っている東京は、篠田善之監督を更迭し、安間貴義監督代行体制で残りシーズンを送るという計画だ。
来シーズンからチームを任せる監督を早くに調べているということ。

日本はチェ監督にとって不慣れなところではない。
チェ監督は選手時代にジェフユナイテッド、京都パープルサンガ、ジュビロ磐田で活躍した。
二度のオールスターに抜擢されるほど、優れたゴール感覚を誇った。

東京は来月末までに監督の選任を終えるという計画だ。


スポンサーリンク
楽天





チェ・ヨンス監督、東京のオファーが来れば選択の可能性は高い
スポータルコリア




※一部要約

まだ下馬評に上がっただけで正式オファーはない。
だがオファーが来れば、チェ・ヨンス監督は東京に行く可能性が高いというのがサッカー界関係者の話である。

チェ・ヨンス監督が候補に挙げられるのは、彼の指導力がすでに検証されているからだ。
チェ・ヨンス監督はFCソウルを率いてKリーグとFAカップ優勝を1回ずつ味わった。
2013年にはAFCチャンピオンズリーグで準優勝し、その年のアジア最高の監督に選ばれた。
チェ・ヨンス監督が去年、中国スーパーリーグの江蘇蘇寧に移ったのも、そのような実績が大きかった。

不振で今年6月に江蘇の監督から退いたが、彼の指導力を疑う人は誰もいない。
大胆でありながらも細かい彼の戦術や戦略、選手を一つにまとめるリーダーシップは、チェ・ヨンス監督だけの長所である。
最近、江原FCの監督候補にも挙げられるなど、空席があるチームの関心を集める理由だ。

まだチェ・ヨンス監督は休息が必要だという立場である。
だが日本行きの可能性は残してある。
韓日サッカー界で活動中のある関係者によると、「チェ・ヨンス監督が東京のオファーを貰ったら受け入れるだろう」という。

まずかつて自分がJリーグで選手生活をしていたのが大きい。
彼にとって日本は馴染みのところだ。

さらに東京は日本の首都をホームにしている。
自尊心の強いチェ・ヨンス監督にとって、首都のチームの監督は自身の"プライド"を高めることができる。
10位の中位圏で遅れを取っているチームを引き上げるという目標も明確だ。

一方のU-23代表の場合、チェ・ヨンス監督は大して魅力を感じられないだろう。
チェ・ヨンス監督はA代表監督候補にも挙げられた。
U-23代表は2020東京オリンピックを準備しているチームだが、すぐ来年にオリンピックが開かれるわけではない。
この関係者は「オリンピックを控えていないので、チェ・ヨンス監督はU-23代表監督のオファーが来ても快諾しないだろう」と伝えた。


【関連記事】
韓国メディア「江蘇蘇寧から更迭されたチェ・ヨンス監督、今はサッカー場の外から学んでいる」
韓国メディア「チェ・ヨンス監督がFC東京の次期監督候補に…可能性は?」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...