北サッカー新星ハン・グァンソン、北核実験でイタリアリーグ退出説
ヘラルド経済




※一部要約

北韓の核実験の余波が、最近の欧州リーグを熱くして人気を呼んでいる北韓"サッカーの新星"ハン・グァンソンの運命に影響を及ぼすのか注目されている。

国際社会の強い憂慮にもかかわらず核実験を強行した北韓に対し、11日に強力な対北制裁案を評決する予定の中、対北制裁の中には北韓への原油提供中断、北韓労働者追放などの内容が含まれていることがわかった。
また、EU次元では北韓労働者の雇用禁止を別途で推進中である。
ヨーロッパに北韓労働者は多くないが、続いている北韓の核開発に警告をするため、直接的にヨーロッパの北韓労働者に対して制裁を加えるということだ。

その場合、ハン・グァンソンがヨーロッパの国の主なターゲットになり得る。
イタリアのプロサッカーチームに移籍したハン・グァンソンは、毎試合ゴールを奪うなど、期待以上の活躍でイタリア現地ファンから大きな歓声を受けている。
ついにはイタリアリーグの名門チームであるユベントス、世界サッカーの最上級リーグであるアーセナル、エバートンまでハン・グァンソンに関心を持っているという裏話である。

国連とEU次元で対北制裁案が決議されれば、ハン・グァンソンのヨーロッパ生活に変化が予想される。

ハン・グァンソンは今年3月にセリエAのカリアリに移籍し、北韓選手で初めてヨーロッパの中央の舞台でゴールを決めた。
昨夏にセリエBのペルージャにレンタルされ、勢いに乗った試合感覚を誇っている。
2部リーグの2試合で一回のハットトリックを記録し、別の試合で1ゴール決めるなど、計4ゴールを決めてチームの連勝を導いた。


スポンサーリンク
楽天








ハン・グァンソンはこれまでの"北韓の人物"のイメージとはまったく異なる新世代としての姿を遺憾なく見せている。

イタリアに来てインスタグラムを開設し、知人と楽しむ生活を次から次へと写真に上げている。
また、自分の紹介文に"夢は叶う"という2002韓日ワールドカップの赤い悪魔の応援スローガンを入れるなど、南北関係や理念の問題に意を介さないかのような姿を見せている。

サングラスをかけて同僚と交わる姿、イタリアメディアとのインタビューシーンなども目立つ。
インタビューではイタリア語で「キム・ジョンウン国防委員長に感謝する」として、「クリスティアーノ・ロナウドが最も好きだ。イタリア・ユベントスのFWパウロ・ディバラのようになりたい」と語った。

1998年生まれの彼は、ペルージャで同年代の北韓サッカー選手チェ・ソンヒョクとともにプレーしている。
2人はキム・ジョンウン北韓国防委員長と懇意のアントニオ・ラッツィイタリア上院議員の斡旋で、イタリアリーグに移籍したことがわかった。

海外の北韓労働者に対する国際社会の制裁は"北韓労働者が海外で稼いだ収入を北韓に送る場合"を前提に加えられる。
ハン・グァンソンが海外で稼いだ金を北韓に送らないということを証明すれば続けてヨーロッパに残ることもできるが、そうするのは容易ではないものとみられる。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...