日本メディア「チェ・ヨンス、FC東京次期監督候補」
スポーツ韓国




※一部要約

チェ・ヨンス元FCソウル監督が、日本プロサッカーJリーグのFC東京の次期指令塔候補群の1人に浮上した。

日本スポーツメディアのスポーツ報知は11日、「FC東京が次期監督候補に国内外の関係者をすべて調べている中、2013年にAFC最優秀監督賞を受賞したチェ・ヨンス元FCソウル監督も検討中である」と報じた。

東京は最近、成績不振を理由にこれまで監督だった篠田善之監督を更迭し、シーズンの残り9試合を安間貴義コーチ体制で行う計画である。
だが2018シーズンには新監督を選任するという計画。
FCソウルを率いて2012Kリーグクラシック優勝と、2013AFCチャンピオンズリーグ準優勝を経験したチェ・ヨンス監督も嘱望された。

だがチェ監督はFC東京の最優先交渉対象ではない。
現時点では7月に成績不振を理由に辞任した森保一元広島サンフレッチェ監督が有力候補である。
森保監督は2012年に広島に就任し、3回のリーグ優勝を導いたことはもちろん、2015年にFIFAクラブワールドカップで広島を率いて3位を記録したことがある。


スポンサーリンク
楽天





チェ・ヨンス監督が日FC東京次期指令塔嘱望、可能性は?
スポーツ朝鮮




※一部要約

東京は最近の数年間、中位圏でもたついていた。
今シーズンの前には大久保嘉人、高萩洋次郎ら日本代表出身のベテラン選手を獲得し、上位圏躍進を狙っていた。
だが主戦の負傷など、度重なる悪材料の中で、FAカップやリーグカップトーナメントから脱落する苦杯をなめた。
J1でも11日現在、18チーム中10位に留まっている。
降格圏ではないが、当初の目標だった上位圏躍進からははるかに遠い境遇だ。

チェ監督は6月に江蘇蘇寧の監督職から退き、休息を取っている。
チョ・テリョン江原FC代表理事がチェ監督と会い、次期指令塔のオファーをしたこともあったが固辞した。
しばらく再充電した後、新たな挑戦をするという構想のためだった。
当時、チェ監督がJリーグチームから強いラブコールを受けているという噂が広がった。
主人公は東京だった。
2012年のKリーグ優勝、2013年のACL準優勝などの成果に注目した。

チェ監督はJリーグで一時代を風靡したゴールゲッターである。
2001年にジェフ千葉に入団して日本の舞台に進出し、京都サンガやジュビロ磐田を経た。
特に千葉時代にはチームのエースとして君臨し、京都ではキャプテンマークをつけるなど、存在感を誇示した。
ソウルの指揮棒を手にした後で実施した鹿児島キャンプのたびに、近くで練習キャンプを整えたJリーグチームの指令塔、関係者、選手がチェ監督を訪れるほど日本国内の人脈も広い。

チェ監督は以前からJリーグでの挑戦に関心を向けてきた。
だがすぐに東京のオファーを受け入れるかは未知数である。
江蘇の監督職から退いた後、休息と再充電に対するニーズが大きかった。
最近では空席のU-23代表次期指令塔の候補にも挙げられている。
様々な条件的に、東京のオファーを受け入れるかは、もう少し見守られなければならないようだ。


【関連記事】
韓国メディア「江蘇蘇寧から更迭されたチェ・ヨンス監督、今はサッカー場の外から学んでいる」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...