[バーンリー-パレス] "5.7点"イ・チョンヨン、バックパスミスで最低評点
スポータルコリア





※一部要約

シーズン初の先発出場をしたイ・チョンヨンが最低評点を受けた。

パレスは10日、ターフ・ムーアで行われた2017/2018イングリッシュプレミアリーグ4ラウンドで、バーンリーに0-1で敗れた。
試合開始3分にクリス・ウッドに先制ゴールを許したのが痛かった。

決勝ゴールの口実をイ・チョンヨンが提供した。
左ウィングで久しぶりに先発のチャンスを得たイ・チョンヨンは、前半3分にハーフラインで相手のプレスを避け、GKにボールをつなげようとしたが、ウッドに取られて失点の原因になった。

致命的なバックパスのミスをしたイ・チョンヨンは挽回するために努力した。
意欲的に相手にプレスして守備にも加わる姿を見せた。
だがいざ必要な攻撃的動きは少なかった。
ウィングの資源にもかかわらず前進性を見せられず、周囲を空回りする時間が多かった。

結局イ・チョンヨンは後半19分に交代してグラウンドを離れた。
イ・チョンヨンについて英国のサッカー統計サイト"フースコアードドットコム"は、評点5.7の低評価を下した。
これはパレスの先発11人の中で最も低い点数である。
バックパスのミスを指摘したわけである。


スポンサーリンク
楽天





BBC解説者、「イ・チョンヨンのバックパス、私が見た中で最悪」…酷評
インターフットボール




※一部要約

去年12月以降、初めてリーグで先発出場したイ・チョンヨンだった。
無得点、そして勝点0という最悪のチーム状況に加え、フランク・デ・ブール監督が更迭される可能性まである試合だったので、イ・チョンヨンにかける期待は大きかった。

だが試合開始と同時に期待は失望に変わった。
イ・チョンヨンは前半3分、相手のプレスで後ろにパスをしたが、このパスはバーンリーにつながってウッドのゴールに繋がった。

これを見た英国BBCは文字中継で「危険な状況ではなかった」と怪訝な反応を見せた。

それに続き、BBC解説委員のジョンローズは「私が見たバックパスの中で最悪だった」として、「酷いミスだった。本当に呆れるミスだった。デ・ブール監督はチームが早い時間にゴールをプレゼントしたので何もできなかっただろう」と酷評した。



5.7点でも寛大なのだが
フフッ



┗最終予選でも通用した韓国代表式のバックパスをあえてプレミアリーグで?


┗そのまま引退しろ
 ふふふ
 それが答えだ


┗ペク・スンホの未来の姿がイ・チョンヨンだ



韓国の慢性病-バックパス


┗バックパスの最後方はユン・ソギョン


┗(※EPL出場)100試合目に100パスで監督が100%更迭…



もう本当に回復不可能だ…
EPLでの競争力は完全に失われたようだTT



デパイがファン・ハールを追い出したように
イ・チョンヨンがデ・ブールを追い出してしまう…



Kリーグに来い



バーンリーにとっては9.7点



違う意味で歴代級のパスだった…



久しぶりに攻撃ポイントを記録



立場が不安だったがもう安定して出てこないだろう
ふふふ



いや、アシストしたのになぜ評価が低いのか?



イ・チョンヨンも問題だが後半終盤のFWも問題だった…



デ・ブール更迭確定アシスト……



イ・チョンヨンの今日の活躍:1 killパス、1 killクロス


┗こういうのがワンショットワンキルのお手本じゃないのか?
 ふふふふふ


┗大地を切り裂くパス


┗監督までKill



一瞬、私は攻撃のパスかと思った



私たち国民は代表の試合のたびに
こういうパスを数十回もさらに見る



┗これほどの自決級スルーが出るのはオーバーだろう
 ふふ



代表で学んだバックパスで…



これより最悪なパスもあるのか(笑)


┗実際に探してみると多い



デ・ブール「イ・チョンヨン?私が見た選手の中で最悪」



アンリ「イ・チョンヨンの長所はスルーパス」



危険な状況じゃなくてもバックパスが習慣に



すごい…
チャンスをこうやって蹴り飛ばした



代表を引退してくれ
もう潮時だ



国内に復帰しろ
EPLの実力じゃない



ヨーロッパ生活精算アシスト



ボルトン時代が懐かしい
チョンヨン…



私が見た中でも最悪だ



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...