[WC最終予選] サウジ、日本を下して12年ぶりに本戦行き
NEWSIS




※一部要約

サウジアラビアが日本を破ってワールドカップ本戦行きに成功した。

サウジは6日、キング・アブドゥッラー・スポーツシティで行われた2018ロシアワールドカップアジア地区最終予選B組最終戦で日本を1-0で下した。

サウジは勝点19でオーストラリアと肩を並べたが、ゴール得失でリードして2位で直行チケットを手にした。

サウジがワールドカップ本戦に出るのは2006ドイツ大会から12年ぶりであり、通算5回目である。

サウジ戦に関係なく1位を確定していた日本は、勝点20でレースを終えた。

サウジが残り1枚のチケットを手にして、オーストラリアはプレーオフに追い出された。
オーストラリアはA組3位のシリアと10月初めにホーム・アンド・アウェイで勝負をする。
そこで勝ったチームが北中米5位チームと大陸間プレーオフを行う。


スポンサーリンク
楽天





韓指令塔拒絶のファン・マルバイク監督、サウジで"ゴッド(God)"待遇
東亜日報




※一部要約

かつて"アジアの強豪"と呼ばれていたサウジは2010年、2014年のワールドカップ本戦進出に2回連続で失敗し、アジアのサッカー強国の席から遠ざかっていた。

その後2015年8月に、サウジは2010南アフリカワールドカップでオランダを準優勝に導いたファン・マルバイク監督を迎えて再跳躍を狙い、少しずつ以前の威容を取り戻し始めた。

実はファン・マルバイク監督は、ホン・ミョンボ元韓国代表監督の後任として韓国の指揮棒を手にすることもできた。
大韓サッカー協会はシュティーリケ監督を選任する前、ファン・マルバイクと深度のある交渉を進めていたことがあった。

だが居住地、税金の問題などで意見の差を縮めることができず交渉は決裂し、その後ファン・マルバイク監督はサウジ行きを選んだ。

サウジサッカーファンは「私たちには良い選手がいて、最高のファン・マルバイク監督がいる」、「ありがとうファン・マルバイク!」、「奇跡の監督、サウジのものすごい転換点だった」、とファン・マルバイク監督に賛辞を送った。

ファン・マルバイク監督が率いるサウジ代表への期待が高まる中、2018ロシアワールドカップでサウジが歴代最高成績の16強(1994アメリカワールドカップ)を越える記録を作れるのか、成り行きが注目されている。



オランダを準優勝させた監督を外して
カタールクラブの降格専門監督を連れてきた韓国協会のレベル
ふふふふふふ



┗ふふふふふふ
 ファン・マルバイクは在宅勤務だから反対したのだ
 今来るとしても私は反対だ
 とにかく鍋根性だね
 シュティーリケもシン・テヨンも間違ってるがファン・マルバイクはない
 ふふふ


┗これだけの名将なら在宅勤務の資格はある
 ビデオで見てもスタンドで見てもまったく同じだろう


┗ファン・マルバイクは在宅勤務でヨーロッパ派を中心に抜擢するというから
 Kリーグ虫が絶対的に反対したのだ
 ふふふ


┗この人は自国で遊んでAマッチ期間だけ来て指揮すると言った人なのに
 ふふふ
 カモ契約をしなければならないのか???


┗オランダとサウジの時差は1-2時間で韓国とオランダの時差は7-8時間だ
 1-2時間差なら在宅でも連絡しやすいが7-8時間さなら難しいだろう


┗在宅勤務ならペップやモウリーニョ級の名将でも外すのが答えだ


┗それでも我が国は2位で進出したが?
 ふふふ
 サウジも苦戦して2位…
 ベッドサッカーと不公正判定があって



ヒディンクを迎えろ
どうせ来年は期待してない
3戦全敗で光速脱落だから2022年まで席を保障して



┗2022年にヒディンク監督は韓国年齢で77歳だ…


┗1年後…ネチズン「ヒディンクは何なんだ本当に…」



明らかに我が国はオランダとの交流が必要


┗オランダはワールドカップ予選脱落の危機


┗オランダはサッカー強国じゃない



映画俳優でもやれる容姿だ



もしヒディンクが来たらイ・ドング兄さんはまた脱落だろう…TT



韓国は監督の問題ではなく選手の技量が問題だ



私たちはヒディンクBIG GOD様が来られる!



ヒディンクは自国で脱税した犯罪者!



2022年まですることでヒディンクを迎えろ!!!!!
シン・テヨンはコーチ



だがいくら何でも在宅勤務はちょっとあり得ない



サウジのほうが当然好条件だったのだろう



私たちは牙のない虎


┗ノーノー、猫だ



在宅勤務はダメというのは言い訳で
金を節約するためにシュティーリケを連れてきたのだ



日本は本当の死の組を突破したが
韓国は本当に死ぬことができずに生きて帰ってきた…



ふふふ
家で自宅勤務するからと言ってすぐ外した協会
ふふふ



やはりサッカー協会は何もできず見る目もない



進出が決まってた日本が休み休みやってたからなのに



ルイ・ファン・ハール監督にもオファーをしてみよう…



スコラーリとファン・マルバイクは大魚だったTT



問題は協会の人間だ



ケイロス、ハリルホジッチ、ファン・マルバイク、リッピ
アジアの4大将



この人は在宅勤務でサウジをワールドカップに送った
ふふ



サウジはそれでもベッドサッカー



私たちは監督の問題じゃない…



自宅勤務すると言ったときはみんな反対してたくせに協会のせいとは
ふふ
こうなると思わなかったか




Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...