"不満爆発"ケイロス監督「練習場の状態、韓国ファンが恥ずかしくなる」
ニュース1




※一部要約

カルロス・ケイロスイラン代表監督が韓国で初めて行う練習を前に、練習場の状態に不満を爆発させた。

イランは31日、ソウルワールドカップ競技場で行われる韓国とのアジア地区最終予選A組9次戦を控え、27日に仁川アシアード競技補助競技場で初練習を実施した。

だが練習前のケイロス監督は表情が優れなかった。
アシアード競技補助競技場は芝がところどころえぐられているなど、状態が良くなかった。

ケイロス監督は練習前、国内取材陣の練習場の状態についての質問に「私が答える前に取材陣に聞きたい」として、「これまでイランは韓国を敵と考えてなかった。対等な状態で良い試合をするためにここへ来た。練習場は最高の状態ではない。韓国サッカーファンが恥ずかしくならなければならないこと」と声を高めた。





彼は「韓国が過去の試合結果のために、私たちに良くない感情があることは残念だ。私たちは悪い感情がない。ただ最高の試合をして、ワールドカップ進出のために最善を尽くした」と明かした。


スポンサーリンク
楽天





"ネロナンブル(※「自分がすればロマンス、他人がすれば不倫」の略)"イランのケイロス監督、練習球場の割り当てに不満の"詭弁"
スポーツ京郷




※一部要約

ケイロス監督は韓国が冷遇したと指摘しつつも、韓国がイランで受けた不当な扱いについては「私たちができる限り最大限の環境を作った」と語った。
韓国はこれまでイラン遠征のたびに、様々な嫌がらせで大変な苦労をした。
去年10月の最終予選の遠征でも、イランは照明灯のない練習場を割り当て、20分で移動できる距離を40~50分かけて移動する小細工を働かせた。
ケイロス監督は「韓国がイランの提供したものに満足しなかったとすれば、私たちのインフラや環境が良くないからだ。私たちはできる最高の条件を提供した」と繰り返し主張した。
自分たちは最善を尽くしたが、韓国はそうではないという詭弁である。


【関連記事】
【W杯予選】韓国メディア「“嫌がらせの大家”イラン、遠征に来ても要求事項が多い」



久しぶりに協会が仕事をした



私たちの果樹園の芝の状態は良いからそこに来い



すでに心理戦を展開している…



私たちはイラン遠征のときお前がしたことを知っている



前の遠征のとき私たちの代表はゴールにネットすらなかった



毎回標高1200メートルを越えるテヘランの競技場に固執してるくせに



(※イランに対して)悪い感情を作ってるのはイラン国民やイラン代表ではなくお前だ



こいつはパク・チソンをCL決勝で除外させた張本人



宿舎の温水供給を中断させろ…
冷水で洗え…



サッカー協会が久しぶりに働いた?



小学校の運動場を割り当てろ



恥ずかしいことだ
もっと酷いところを割り当てられない協会がTT



何が恥ずかしいだ
誇らしい



お前が言えることか?
ふふふふふふ



記者は(※反論せずに)ただ聞いてただけなのか?



むしろ誇らしい



こいつは砂利の練習場を割り当てられても言うことがない



因果報応



恥知らず…どうか勝ってほしい…



まったく恥ずかしくないが



外国監督の中でこれだけ姿を見たくない人物がいただろうか



韓国ファン:ケイロスの拳ジャガイモが恥ずかしい






拳ジャガイモ、イランファンが恥ずかしくなる



なぜファンが恥ずかしいんだ?



これは韓国では相互扶助という良い風習のことである



四字熟語に自業自得という言葉がある!



韓国ファンは恥ずかしくない
あまりに良い練習場を提供して爆発寸前!



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...