[EPL 3R] "ラッシュフォード決勝ゴール"マンU、レスターに2-0の完勝…3連勝行進
スポータルコリア




※一部要約

マンUがホームでレスター・シティに完勝した。
新星ラッシュフォードがレスターのゴールネットを揺さぶり、勝利の青い鳥になった。

マンUは27日、マンチェスターにあるオールド・トラフォードで行われた2017/2018シーズン・イングランド・プレミアリーグ3ラウンドのレスター戦に2-0で勝利した。
マンUはレスター戦の勝利で快調の3連勝行進を走った。


20170827032117868a.jpg

20170827032117868b.jpg


スポンサーリンク
楽天





[SPOヒーロー] レスターの盾、岡崎からシュマイケル
スポTVニュース

20170827081753015.jpg


※一部要約

レスターは27日、オールド・トラフォードで行われたEPL3ラウンドのマンチェスター・ユナイテッドとの試合に0-2で敗れた。

レスターは守備に気を使った。
レスターは後方を強固にしてヴァーディのスピード、マレズの技術で攻撃を作るチームである。
そうするためには守備が堅くなければならない。
現代サッカーは組織的なプレスをしなければならない。
FWから積極的に走らなければならない。

岡崎はヴァーディの下に立った。
シャドーストライカーのようだが、役割は全天候選手だ。
攻撃ではカウンターの一員として、守備では1次プレス線である。
岡崎はポグバの前進を制御した。
タックルでカウンターを作った。
岡崎は前半16分にポグバのボールを取った。
前進パスがヴァーディのカウンターのチャンスにまでなった。

岡崎が前方でプレス線を構築すれば、マティ・ジェームズとウィルフレッド・ディディが後方を防いだ。
レスターのCBウェズ・モーガンとハリー・マグワイアがルカクを縛った。
レスターは後半30分まで堅かった。
マンUが16本のシュートを浴びせる間、守備の密度は維持された。

レスターの堅守は後半30分のセットピースで失点した。
一瞬の集中力低下がラッシュフォードに1対1のチャンスを許した。
後半終盤のフェライニの失点はオフサイドが疑われた。
同点はなかった。
失点の状況を除けば試合中ずっと良い守備を繰り広げていたので苛酷な結果だった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...