"入国"ケイロス、「韓国戦、最善を尽くして勝つ」
日刊スポーツ




※一部要約

「韓国戦で最善を尽くして勝つ試合をする」

運命の2018ロシアワールドカップ最終予選9次戦の対戦相手であるイラン選手団が26日、仁川空港を通じて入国した。
選手団とともに韓国に着いたカルロス・ケイロス監督は「また韓国に来て試合をすることになって光栄」と2012年以来の韓国訪問の所感を伝えた。

ケイロス監督は「韓国はアジア最強チームの一つであり、今回の対戦は私たちにとって学んで発展できる良い機会になるだろう」と賞賛の言葉を伝えた。

A組1位で本戦進出を確定させているイランとしては、韓国とウズベキスタンのA組2位争いは"他人事"のようなものである。
ケイロス監督は「両チームとも幸運を祈る。だが私にとって重要なのは、私たちが1位で無敗・無失点の記録を続けること」と余裕を見せた。


スポンサーリンク
楽天





[インタビュー] ケイロスイラン監督「無敗と無失点を続ける…私たちが勝つ」
スポーツソウル




※一部要約

ポルトガル出身のカルロス・ケイロス監督が率いるイラン代表は26日、国内派を中心に先に入国した。
20人余りのイラン人が大型の国旗を持って彼らを迎えた。

イランは6月13日のウズベキスタン戦で2-0の勝利によって本戦行きを決めた。
韓国戦は一種のボーナスゲームになった。
だがケイロス監督は断固としていた。
レアル・マドリードとポルトガル代表で監督をして、マンチェスター・ユナイテッドの首席コーチとして長く過ごしてきた彼は「韓国に負けるつもりはない」と断言した。

「韓国に再び来て多くの取材陣の前に立つことになって嬉しい。韓国はアジア最強チームの一つである」と口を開いたケイロス監督は「韓国に来るたびに感じるが、イランが常に学んで発展できるキッカケになるようだ。韓国との試合は常に難しいが、サッカーにおいて学んで発展できるようにするためには最善を尽くすことだ。なので今回も最善を尽くすだろう」とたるんだ90分を過ごすつもりはないということを強調した。

彼はイスラエルクラブとのUEFAヨーロッパリーグの試合に出場し、イラン政府から退出される危機に置かれたハジ・サフィとショジャエイのエントリー入りの有無について「最終決定は日曜日(27日)に出る」と口を閉じた。




"自信満々"ケイロスイラン監督…「無敗・無失点を継続」
ヘラルド経済




※一部要約

最愛の5日前の早目に入国した理由については「テヘランと韓国の時差が大きく、できるだけ早く適応したかった」として、「早く到着するほど飛行後の後遺症を早く乗り越えられるだろう」と語った。

この日に入国した選手は、監督が23日にひとまず招集した自国リーグの選手11人である。

ケイロス監督は海外リーグの選手を含めた最終招集は27日にすると語った。


【関連記事】
【W杯予選】韓国メディア「イランが政治的理由で2人の代表選手を追放、韓国にとっては好材料」
【W杯予選】韓国を美化する解説をしないシン・ムンソン明知大教授「イラン戦は今回も難しい」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...