[オフィシャル] 日MF松井、36歳の年齢で再びヨーロッパ挑戦…ポーランド行き
スポーツソウル




※一部要約

松井大輔(36・ジュビロ磐田)がヨーロッパの舞台に復帰する。

日本J1リーグの磐田は2日、公式HPでベテランMFの松井が欧州リーグに復帰すると発表した。
行き先はポーランド2部リーグのオドラオポーレである。

松井は母国復帰から3年で再び欧州リーグ挑戦を選んだ。
彼は2013年にレヒア・グダニスク所属として半年間ポーランドリーグを経験したことがある。

2000年に京都パープルサンガでプロリーグにデビューした松井は、2004年にフランス2部リーグのル・マンへ移籍した。
その後ロシア、ブルガリア、ポーランドリーグを経て9年間ヨーロッパで走った。
日本代表にも31試合出場した。

2014年に日本の舞台に復帰し、豊富な経験を基に入団2シーズンでチームを昇格に導いた。
だが昨シーズンから出場機会が減り始め、新たな挑戦のためチームを去ることに決めた。


スポンサーリンク
楽天





「挑戦と挫折は財産」引退を控えている日サッカー選手の教訓
STNスポーツ




※一部要約

日本代表出身の松井大輔が、現役から引退する時期に"挑戦"という叫号の下でヨーロッパ行きを決めた。
松井はプロチーム9番目のユニフォームに、ポーランドプロサッカー2部リーグのオドラオポーレを選んだ。

代表としては2004年のアテネオリンピック、2010年の南アフリカワールドカップ、2011年のアジアカップなど大型国際大会の系家も豊富である。
別名ヨーロッパ4大ビッグリーグには近づくこともできなかったが、日本では"挑戦のアイコン"と呼ばれた。
今年で36歳の松井は「今回ポーランド2部リーグのチームに移籍することになった。ジュビロ磐田で3年半楽しくサッカーをできた」として、「この年齢での海外移籍は無謀だという。失敗するかもしれないが、挑戦と挫折は私の財産になると思う。ただ前進するのみ」と別れの挨拶を残した。

日本サッカー界の"看板"本田圭佑もヨーロッパビッグリーグを整理して新たな挑戦に発った。
本田は先月、イタリアの名門ACミランでの生活を終えて、北中米のメキシコリーグに移った。
彼の最終的な行き先は、全員の予想をひっくり返す結果だった。
本田はネームバリューがあり比較的若い年齢なので、ヨーロッパに残ると予想されていたが、メキシコプロリーグ優勝チームのパチューカを選んだ。
本田はメキシコを選んだ理由についてこう語った。
「安易で無難な選択をしようとした自分自身に腹が立った」として、「退屈だったし、自分がよく知らないメキシコとパチューカは面白そうに思えた」と明らかでない道を歩こうと考えている。

その他にも日本サッカーの伝説とされる三浦知良は、徹底した体の管理でプロ精神を武装し、相変わらずグラウンドを走っている。
三浦はJリーグ歴代最高齢得点記録をずっと更新し、「ワールドカップ出場をまだ夢見ている」と明かしたこともある。
"看板守門将"川口能活も先月、J3リーグ最高齢出場記録を打ち立てるなど、活発な現役生活を続けてサッカー選手の手本となっている。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...