チ・ドンウォン、アウクス再契約メンバーから除外
スポータルコリア




※一部要約

ドイツ・アウクスブルクの最前方FWチ・ドンウォンが所属チームの再契約メンバーに名前を上げられず不安感を高めている。

アウクスブルクは25日、公式HPで主軸選手の再契約のニュースを伝えた。
ダニエル・バイアー、カイウビー、フィリップ・マックス、ジェフリー・ハウウェレーウまでの計4人。
アウクスブルク側は一度に何と4人の選手と再契約に成功し、家の取り締まりに乗り出した。





大挙再契約の発表の中で、唯一目につかなかった選手がいる。
チ・ドンウォンがそうだった。
アウクスブルクとチ・ドンウォンの契約期間は2018年6月30日までで、すでに残り期間が1年を過ぎている状況である。
通常の再契約の手続きであれば、4人の選手よりももっと先に再契約が実現するべきだった。
だがチ・ドンウォンは今回のアウクスブルクが発表した再契約のメンバーに名前を上げられなかった。

チ・ドンウォンは昨シーズン、ブンデスリーガ34ラウンドの全試合で姿をあらわした。
先発出場も24回で、何と70%に達する先発出場率を誇った。
チームの最前方FWという点を考慮すれば、無視できない数値である。


スポンサーリンク
楽天





だが威嚇的なFWと判断するには不十分というのはあった。
チ・ドンウォンは昨シーズン、リーグで3得点3アシストを上げて、1試合当たり0.17攻撃ポイントを記録した。
チ・ドンウォンのつま先から生まれた得点は、アウクスブルクの全体得点(35)のうち8%に過ぎなかった。

バウム監督が指揮棒を手にした前後で、チ・ドンウォンの1試合当たりの出場時間は81.6分から62.9分と大幅に減った。
特にチームが重要な時期を迎えたリーグ最後の4試合ではわずか36分のプレーだった。





チ・ドンウォンは今夏のプレシーズン3試合すべてで姿を見せた。
最も最近行われたヤーン・レーゲンスブルク戦では得点まで上げて希望を見せた。

鍵はリーグで着実に得点砲を稼働できるかである。
昨シーズンより良い姿を見せなければ、来シーズンにアウクスブルクと別れる可能性も念頭に置かなければならない境遇だ。



率直に4年で4ゴールのFWと再契約するって話にならないだろう・・


┗韓国サッカーの謎の一つ
 いったいチ・ドンウォンはなぜブンデスリーガ主戦FWなのか


┗だがアウクスブルクのFWの中で一番多く決めてる


┗パク・チュヨンがそこに行けば少なくとも5ゴールは決める


┗+Aマッチ4年ぶりにゴールを追加



代表にも選ばないでください



かつては最も期待していた有望株だったのにどうして・・・


┗真剣にCBとしてどうだろう?


┗引退するまで有望株



ふふふふふふ
守備型ストライカー
ふふふ




海外で活躍していること自体が謎だ
ふふふ



Kリーグのルカクになろうドンウォンよ



ふふふふふふふふふふふふふふふふふふ
Kリーグに来い


┗全南に戻ってこい



こんな選手を代表に選んで先発にしている
ただ海外派という理由だけで




公務員でもないのになぜ再契約するのか



ふふふ
ドイツにいることすら不思議だ



1、0、0、3・・・
今までアウクスにいたことがすごい



再契約する理由がないだろう



世界8大ミステリーの一つ



公務員のようなFWだ



我が国の海外派の何人かは率直にKリーグでもクソだ



まったくサッカー選手とは思わない



FWだったのか???



Kリーグチャレンジでも手に負えない



どういう記念イベントなんだ
1年に1ゴールって




本気でKリーグでも10ゴール可能なのか?



チャンスは本当にたくさん貰ったが発展がないようだ



常に25%足りない10年目の有望株!



チ・ドンウォンの選手生活が終わりそう・・・



Kリーグでも厳しいと思う・・・



当然の結果
これまでのアウクスは菩薩だった




いや同じ韓国人なのに応援できなくても貶すのは本当に理解できない
コメントしてる連中



ヨーロッパでプレーしていること自体が不思議な選手だ



ク・ジャチョルの活躍がなければ行くこともできなかった



単に才能がない



アウクスブルク様、申し訳ありません



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...