"バルサ出身"チャン・ギョルヒ、ギリシャ・アステラスと2+1年契約
聯合ニュース




※一部要約

FCバルセロナ・フベニールAとの契約が終わったDFチャン・ギョルヒが、ギリシャプロサッカー1部リーグのアステラス・トリポリスFCのユニフォームを着てヨーロッパの舞台でプロデビュー戦を行うことになった。

チャン・ギョルヒ側は20日、「チャン・ギョルヒがアステラスの入団テストを終え、クラブと2年契約に1年の延長オプションが入った契約書にサインした」として、「2017-2018シーズンから1軍の試合に出る前提条件で契約を終えた」と明かした。

2011年にバルセロナユースチームに入団したチャン・ギョルヒは、6月30日に契約が終わって自由契約身分になった。

ヨーロッパ残留と日本Jリーグ進出で悩んでいたチャン・ギョルヒは、最近ラブコールを送ってきたアステラスで入団テストを受け、スタイコス・ヴェルゲティス監督の目を引いて入団契約をすることになった。

アステラス・トリポリスFCはギリシャ・トリポリをホームにするクラブで、1931年に創立して86年の歴史を持つチームである。

2016-2017ギリシャ・スーパーリーグでは16チーム中12位に終わり、ヨーロッパクラブサッカー対抗戦の出場権を取れなかった。


スポンサーリンク
楽天





[イシューフォーカス] チャン・ギョルヒ、ギリシャ1部に挑戦状を出すまで
スポータルコリア




※一部要約

岐路に立ったチャン・ギョルヒは早くから別の道を探し始めた。
満19歳になった2017/2018シーズンからはユースレベルに留まることができなくなった。
バルサB挑戦よりも現実的な選択を下すこちにした。

2016/2017シーズン後半期から本格的に悩みだした。
スペイン1部リーグ所属チームの2軍契約、ポルトガル1部リーグ進出など様々な選択肢があった。
その中で出場時間の保証など、様々な要素を考慮してギリシャに向かった。
バルサ・フベニールA所属で、どのときよりも実戦投入が切実だった事情が土台となった。

SBに分類されていたチャン・ギョルヒは、バルサ・フベニールAの末期からアタッカーに復帰してプレーした。
ギリシャでも後方よりは前方に配置される見通しだ。
アステラスのテストのときは攻撃面で高い点数を受けた。







[GOAL単独インタビュー] "ギリシャ進出"チャン・ギョルヒ「1軍の試合に出るための選択」
ゴールドットコム




※一部要約

チャン・ギョルヒは20日、新クラブ入団と契約書にサインした直後、"ゴールドットコム"とのインタビューで「アステラス・トリポリス入団は1軍の試合のための選択」として、「どのリーグに行っても1軍の試合でプレーすることが最も重要だと考えた」と語った。

また「2週間アステラス・トリポリスで入団テストを受けて良い感じを受けた」として、「スペインだけでしていたので新しいチームに行って緊張する部分もあったが、チームメイトがよくしてくれた」と付け加えた。

1軍の試合投入の有無については「はっきりと断言できる部分はないが、監督が信頼しているという感じを受けた」として、「プレシーズンに自分の能力を最大限に見せるつもりだ」と付け加えた。

一方、チャン・ギョルヒはすでにアステラス・トリポリスのユニフォームを着てプレシーズンの試合を消化した。
相手チームはギリシャ最高の名門クラブであるオリンピアコス。
チャン・ギョルヒはこの試合で右ウィングとして出場し、30分を消化した。

チャン・ギョルヒはこの試合について「やはり名門クラブらしく、選手の技量が優れていた。確かにプロは違うというのを感じた。フィジカル、ボール、スピードのすべての面でそうだった」として、「そういう選手と競争して学び、私自身もさらに発展できるよう努力する」と語った。


【関連記事】
韓国ネチズン反応:韓国バルセロナ3人衆のチャン・ギョルヒがギリシャ1部アステラス・トリポリスに入団へ



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...