チョ・ヨンヒョン、ペク・ドンギュのAFC懲戒軽減・・・一息ついた済州
スポーツ東亜

20170721054542732.jpg


※一部要約

AFCから重い懲戒を受けた済州ユナイテッドのチョ・ヨンヒョンとペク・ドンギュの処罰が軽減された。

AFCは再審の結果、チョ・ヨンヒョンの出場停止を6ヶ月から3ヶ月に軽減した。
ただし、1年間の猶予期間に同様の事件が起きれば、追加で3ヶ月の停止を受けるという条件をつけた。
ペク・ドンギュは既存の3ヶ月資格停止から2ヶ月に軽減された。
2人の懲戒の適用時点は懲戒が確定した6月9日が基準である。
これに伴い、チョ・ヨンヒョンは9月9日のFCソウルとの遠征試合から出場できる。
ペク・ドンギュは8月13日の江原FCとの遠征試合から出場できるようになった。

今回のAFCの懲戒軽減では、済州が提出した再発防止のための選手の誓約書と嘆願書が大きな影響を及ぼしたことがわかった。
済州のチョ・ソンファン監督は「再審議で懲戒の程度は下がったが、それより重要なのは再びこうしたことがあってはならないという点である。相手の挑発があっても冷静に対処できなければならない。ファンには試合だけでなくマナーでも良い姿を見せるため努力する」と語った。


20170721054542732a.jpg


スポンサーリンク
楽天





[単独入手] "懲戒軽減"済州、"パク・チソンの嘆願書"まで準備した誠意が通じた
スポーツ朝鮮




※一部要約

予想以上の懲戒を受けた済州は直ちに控訴の意向を明かした。
最悪の場合はスポーツ仲裁裁判所(CAS)まぢえ行く可能性も示唆した。
名誉も名誉だったが、親善試合の出場まで阻まれた選手の将来のために戦うことにした。
AFCに懲戒決定理由文を要請した済州は、控訴の準備に万全を期した。
まず過去の事例を徹底的に分析した。
分析の結果、戦略的に"過ちはなかった"ではなく"過ちはあったがこれまで良い姿を見せてきただけに善処を頼む"と軽減の方へ焦点を合わせることにした。

先に浦和選手の挑発があったという点を指摘した。
映像、写真、現場の証言など様々な資料を作った。
選手個人に合わせた資料も作った。
理性と感性的な部分をすべて準備した。
論理的にはチョ・ヨンヒョンの過ちでは、AFCが指摘した3つの事案を細部的に分析し、当該事案の過去の懲戒の最高値と平均値を分析し、チョ・ヨンヒョンの懲戒の程度が高すぎるという点を強調した。
また、これまでチョ・ヨンヒョンがアジアで模範的なキャリアを積み重ねてきた点に集中し、感性的な部分も入れた。
韓国、中国、中東で走ったチョ・ヨンヒョンはこれまでたった2回しかレッドカードを受けなかったほど、クリーンなプレーをしてきた。
ワールドカップはもちろん、ACLなどで何度も走ったアジア代表の選手が、こうして不名誉に選手生活を終えてはならないという点を強調した。
ペク・ドンギュも同様だった。


20170721055911197a.jpg



サプライズカードもあった。
済州はチョ・ヨンヒョンのエージェントであるインスポコリアとともに、パク・チソンやイ・ヨンピョ、キ・ソンヨン、イ・チョンヨン、ク・ジャチョル、チ・ソヨンから嘆願書を受けた。
公信力を上げるため、ヨーロッパで活動するアジア代表選手から、チョ・ヨンヒョンがどれだけ模範的な選手生活をしてきたかについての証言を頼んだ。
2010年の南アフリカワールドカップをはじめとして、A代表で長い間ともにしてきた選手だったのですぐに参加した。
当初は南アフリカワールドカップの首長だったホ・ジョンム監督にも要請するつもりだったが、そのときはA代表監督の選任問題が引っかかり除外した。
彼らは嘆願書で"ニュースを見たとき信じられなかった。ともに過ごしたヨンヒョン兄さんと違う姿だった。ヨンヒョン兄さんはプロフェッショナルで模範的な選手だ。そのような選手が不名誉に引退するのはアジアサッカーの損失である。酌量してほしい"という言葉をAFCに伝えた。
元所属チームの石家荘まで嘆願書リレーに参加した。
済州の同僚も一緒だった。
全員が今後の再発防止とフェアプレーを約束する署名をともに送った。
パク・チソンなど世界の舞台でよく知られている選手の証言と嘆願は、懲戒軽減に大きな影響を及ぼしたという分析である。

プロサッカー連盟も済州の準備に対する内容に共感し、方向性についてのアドバイスや検査などの助けを惜しまなかった。
"パク・チソンの嘆願書"をはじめ、今回の控訴のためにすべての行政力を注ぎ込んだ済州の努力は実を結んだ。
尚州戦の勝利で勢いに乗った済州は、チョ・ヨンヒョンとペク・ドンギュのシーズン中の復帰が決まって翼をつけることになった。


【関連記事】
韓国メディア「AFCが済州チョ・ヨンヒョン-ペク・ドンギュの懲戒を軽減、浦和レッズの挑発や嘆願が影響」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...