AFC、再審の末に済州チョ・ヨンヒョン-ペク・ドンギュの懲戒軽減
スターニュース




※一部要約

済州ユナイテッドのチョ・ヨンヒョンとペク・ドンギュに対するAFCの懲戒が軽減された。

AFCは9日、HPで5月31日に日本の埼玉スタジアム2002で行われた済州-浦和の"2017AFCチャンピオンズリーグ"16強2次戦で起きた衝突事件に対して懲戒を下したことがある。

当時、AFC懲戒委員会はチョ・ヨンヒョンに6ヶ月の出場停止に制裁金2万ドル(約2200万ウォン)を科した。
ペク・ドンギュは3ヶ月の出場停止に制裁金15000ドル(1700万ウォン)を受けた。

クォン・ハンジンには2試合の出場停止と1000ドル(110万ウォン)が科された。
済州は罰金4万ドル(約4500万ウォン)を受けた。
これに対して済州は正確な真相把握のため、選手団とコーチングスタッフを一堂に集めて全数調査を終え、当時の映像や写真、陳述などの十分な資料を確保してからAFCに再審議を要請した。


スポンサーリンク
楽天





済州チョ・ヨンヒョン-ペク・ドンギュ、AFCの懲戒軽減・・・「浦和の挑発あった」
スポーツソウル




※一部要約

AFC懲戒控訴委員会の再審の結果、チョ・ヨンヒョンとペク・ドンギュの出場停止が軽減された。
チョ・ヨンヒョンは6ヶ月から3ヶ月に軽減された。
ただし猶予期間1年のうちに同様の事件が起きれば3ヶ月の追加停止を受ける。
チョ・ヨンヒョンは9月9日のFCソウルとの遠征試合から出場可能である。

ペク・ドンギュは3ヶ月から2ヶ月に軽減された。
ペク・ドンギュは8月13日の江原FCとの遠征試合から出場可能である。
適用の時点は当初、懲戒日の6月9日が基準になった。
ただしチョ・ヨンヒョンとペク・ドンギュへの罰金はそのまま科されれる。
済州は今回の再審結果を受け入れ、再発防止にさらに万全を期す予定だ。

これまで済州は懲戒軽減のため多方面で努力してきた。
挑発軽減が実現した理由は、浦和選手の挑発があり、チョ・ヨンヒョンの場合は故意的な意図がなく、これまで模範的なキャリアを積み重ねた点を披瀝してきた。
また、再発防止への済州選手の誓約と、同僚の嘆願もAFC懲戒控訴委員会に提出して懲戒軽減の決定に影響を及ぼした。


【関連記事】
【ACL】韓国メディア「AFCの済州懲戒と控訴、浦和が被害者だと主張している日本メディアも素早く反応」
【ACL】韓国ネチズン反応:FC東京の高萩が済州ペク・ドンギュと浦和レッズ阿部の和解仲介要請を拒否
【ACL】韓国メディア「誤審がなければチョ・ヨンヒョンらの過ちはなかった」「済州は国際スポーツ仲裁裁判所まで行くという立場」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...