初・中キングオブキング戦廃止・・・大学Cゼロルール拡大
蹴球ジャーナル




※一部要約

学生サッカーに大きな変化が起きる。
来年から初等と中等リーグのキングオブキング戦が行われない。
大学サッカーではCゼロルールが全面適用される。

大韓サッカー協会は17日、サッカー会館で理事会を開き、2009年から行われてきた初・中リーグのキングオブキング戦を来年から廃止し、圏域リーグだけを行うことに決めた。
これまで初等部と中等部は、3月から10月まで地域別に分かれてリーグ戦を行なった後、各圏域の上位チームを集めてキングオブキング戦を行なっていた。

しかし行き過ぎた競争により、キングオブキング戦が"楽しむ幼少年サッカー文化の定着"というリーグ発足の趣旨に合わないという指摘が提起されていた。
トーナメント形式で若い選手が多大な圧迫を受けるということである。
またサッカー協会は、選手が上級学校進学のためキングオブキング戦の前に転校する現実があるので、一線の指導者がキングオブキング戦の廃止を建議したと説明した。
ただし、高等部では現在のようにリーグとともにキングオブキング戦をずっと開催する計画である。

この日の理事会ではまた、"勉強する選手"育成のため、来年からCゼロルールに同意する大学のみをUリーグに参加させることにした。
Cゼロルールというのは、2学期の全体科目の平均単位がC未満の選手は、大学リーグに参加できないようにする制度である。
したがって、来年のUリーグに参加する2学年以上の選手は、今年の1・2学期の平均単位がC以上でなければならない。
今年は大学スポーツ総長協議会所属の大学のみに適応された。


スポンサーリンク
楽天





代案のない急進的"Cゼロルール"、エリートスポーツが共倒れする
スポーツ朝鮮




※一部要約

大韓サッカー協会は17日、大学スポーツ総長協議会(KUSF)に屈服した。
2018年から大学サッカーのUリーグに、C単位未満の選手の出場を禁止することにした。

当初、協会はKUSFの政策に反対していた。
だが4ヶ月持ちこたえていた協会も、最終的には金の論理に跪いてしまった。
Uリーグは総長協議会が文化体育観光部から予算を受けて運営している。
ところが"第2のチョン・ユラ"の事態を防ぐため今年から"Cゼロルール"を強行した文教体育省の意志に、総長協議会も顔色を窺うしかない立場であり、協会も実務陣の反対にもかかわらず高位層は受け入れるほかなかった。

政治的イシューに対応するための公務員の机上の空論式代案に、2017年大学に通っている2~4学年のスポーツ選手はすべて犠牲の羊になっている。

すでに規定の弊害はあちこちで出てきている。
サッカー界では"Cゼロルール"が改善されなければ、大学進学を諦める高校選手が増える見通しだ。
サッカーエージェントのA氏は「単位を出場基準にすることになり、大学に行かないという考えを持つ高校選手が増えている」と耳打ちした。

"Cゼロルール"で最大の打撃を受けたのは延世大だった。
選手の半分が単位未達でUリーグ出場を諦めた。
選手の協議料を維持するため、プロチームとの練習試合を積極的に活用すると、シーズンの運営を明らかにしていたが、現実は違った。
延世大の練習相手は主に一段下の高校チームだった。

スポーツ選手も勉強しなければならないというのは正しい。
すべてのスポーツ選手に成功が保証されているわけではないからだ。
ただし、規定の適応時期と方法が問題だった。
融通性なしに一方通行方式で押し通され進められた。
少しでも慎重にアプローチすれば、予想された問題点を消していくことができた。
ソウルにある大学のB選手は「今は2~3学年のときにプロへ行けば大学からは卒業証書が与えられない。大学中退になる。これまでは学校もクラブから連帯基金と選手からの発展金を受けていたのに、政治的イシューのせいで一瞬にして背を向けた姿は、選手にとってあまりにも過酷な仕打ちではないか」と悔しさを爆発させた。

サッカー選手はもう大学進学の代わりに、すぐにKリーグチャレンジ(2部リーグ)あるいは3部リーグ格であるK3チャレンジャーズリーグをノックする可能性が高くなった。

バレーボール界も"Cゼロルール"の直撃弾を受けた。
最近南海で行われた大学バレーボール大会を観戦しに来たチェ・テウン現代キャピタル監督は「選手の体力の状態が深刻そうに見えた。GLのときまでは大丈夫だったが、試合数が増えるに連れて急激な体力低下が目についた。大学監督の意見を総合してみると、"Cゼロルール"の影響が大きいようだった」と舌打ちした。

バレーボール界の名門である漢陽大ではより深刻な状況が起きている。
8種目の運動部を管理している漢陽大は、ソウル本校では全員を受け入れるのが難しく、スポーツ選手の半分を安山キャンパス所属に分けて運営中である。
だが"Cゼロルール"施行以降、ソウルで午後7時30分~10時までの練習を終えたバレーボール部の選手は、講義を聞くために翌日午前6時に安山キャンパスへ出発する。
そして講義が終わったら再びソウルに上って練習をする辛い生活をしている。
バレーボール関係者は「このような方法で運営されたら、エリートスポーツが共倒れすることになる。特にバレーボールは運動する時間がなく、技術練習もできないのに体力練習ができるだろうか」と訴えた。

"Cゼロルール"の趣旨はすべて共感する。
だが基本ができてない選手に勉強を要求するのは強要と変わらない。
別のバレーボール関係者は「今の小学生や中学生に適用されるなら良い規定だ。だが今の大学生にとっては苛酷な処置」として、「C単位を取ったとしても就職させてくれるわけではないじゃないか。就職もできずスポーツもまともにできないのは常識的に合わない」と非難した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...