U-20ワールドカップ開催は何を残したのか?
フットボールリスト




※一部要約

U-20代表の旅程は16強で止まったが、韓国で"FIFA U-20ワールドカップ"を開催したことは、韓国サッカー発展のために多くのことを残した。

大韓サッカー協会は"FIFA U-20ワールドカップコリア2017"大会の分析を基に30日、坡州NFCで"2017第1次KFA&Kリーグ幼少年育成セミナー"を進行した。
プロ傘下ユースの指導者をすべて招請し、KFAプレイングスタイルの確立を発表し、それを実現するための方法論を伝えた。

協会はこれまで韓国チームの参加の有無とは別個で、技術委員を大会現地に派遣して各種国際大会を分析し、セミナーで幼少年指導者に紹介する時間を持ってきた。
今回は韓国で大会が開催されただけに、協会所属の指導者が全試合を現場で分析し、はるかに密度のある研究資料を作ることができた。

FIFA U-20ワールドカップで成功的な成果を上げたチームのビルドアップ方式や攻撃パターン、守備パターンを綿密に分析し、そこから選り抜いた長所を韓国サッカーの哲学に立て、プレー方式を確立する過程で積極的に適用した。
韓国で大会が開催されただけに、指導者もやはりすでに見た試合が多かったし、試合の映像を通じて各プレイングスタイルやパターンを説明する過程の伝達が良かった。


スポンサーリンク
楽天





大会が残したのは成績や興行だけではない。
技術の発展にも少なくない影響を与えた。
今大会の優勝国であるイングランドは、特に多くの教訓を与えた。
韓国と直接試合をしたときだけでなく、優勝に至るまでの過程で見せたテンポある攻撃、一人ひとりの攻撃、守備の技術など多くの参考資料を残した。

チェ・ヨンジュンKFA研究指導者は特に、イングランドが活用していたロングボールについて「解釈によって異なるだろうが、カウンターアタックではない。最初の布石を正しく置いていたのだ。たった2回のパスだけで相手のゴール前に到達した。最初のパスが良かったし、コントロールと決められたプレーが良かったから」と説明した。
具体的な映像やビルドアップの資料、練習の資料を通じて、具体的にイングランドが良い試合をして成績を出せた理由を説明した。

アルゼンチンやフランスなどのサッカー強国がU-20ワールドカップで失敗した背景、日本が好プレーをしたのに効率的ではなかった背景には、ビルドアップの過程でのあまりに多いパスを指摘したりもした。
ビルドアップは単純に短いパスを意味するのではないとして、固定観念から脱しなければならないと強調したりもした。

すべての説明の過程でU-20ワールドカップの試合映像が活用された。
プロ傘下の指導者もやはり、直接見た試合が多かったという点で、韓国でU-20ワールドカップを開催したということは、今後の韓国サッカーの質的成長を導く過程で良い教材となったと言える。
協会は今後、韓国サッカーのプレイング哲学を共有するため、セミナーを続ける予定である。
U-20ワールドカップを通じて作り上げた資料がその出発点となった。


【関連記事】
【U-20W杯】8強を越えられなかったアジア、キム・ウンジュンが伝える韓国とヨーロッパのユースシステムの差



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...