スペインメディア、「イ・スンウ、バルセロナBチーム残留を望む」
マイデイリー




※一部要約

イ・スンウがバルセロナに到着した。
彼はクラブとミーティングをして自分の将来を決める計画である。

スペインのスポルトは28日、「イ・スンウがドイツ経由でバルセロナに到着した」と伝えた。
それと同時に「イ・スンウは将来について確実な気持ちを持っている。バルセロナB残留を望んでいる」と説明した。

イ・スンウは26日に仁川空港から出国した。
そのとき取材陣と会った彼は「率直に決められなかった。バルセロナと1年の契約が残っているので、クラブと話をして最高の選択をする」と語った。

イ・スンウはヨーロッパ内の9チームからラブコールを受けている。
ドイツ・ブンデスリーガのドルトムントをはじめとしてシャルケ、ボルドー、モンペリエ、ベンフィカ、ポルト、ヤングボーイズ、グラスホッパーらである。

しかしイ・スンウはバルセロナB残留を最優先にしている。
スポルトは「イ・スンウは来シーズンにバルセロナBでプレーすることを願っている」と伝えた。


スポンサーリンク
楽天





イ・スンウ下げ、久保上げ・・・韓日サッカーの温度差
デイリアン




※一部要約

韓日サッカー界が二人の天才をめぐって克明な温度差を見せている。

韓国はイ・スンウの評価を下げ、日本は久保建英を上げるのに余念がない。

イ・スンウは26日、仁川国際空港で所属チームのバルセロナに戻った。

出国の前、一部メディアは「椅子がバルセロナBの昇格不可の通知を受けた」と連日中傷に出た。
耐えられなかったイ・スンウはSNSアカウントで「私でも知らないことを知っている兄さん」と推測性の報道に残念な気持ちを吐き出した。

イ・スンウのマネージメント社チーム・トゥエルブも21日、「イ・スンウがバルサBに昇格できないというスペインメディアの報道は事実と異なる」として、「どんな意図でそのような報道が出たのかわからない。クラブと昇格を含むすべての可能性を開いて協議する予定」と説明した。

実際イ・スンウはバルセロナと2019年までの契約となっている。
バイアウトはフベニールAで300万ユーロ(38億1432万ウォン)、Bチームに昇格すれば1200万ユーロ(152億5728万ウォン)まで跳ね上がる。

ヨーロッパの複数クラブが関心を見せている状況で、バルセロナが悪手を打つ可能性は低い。
バルセロナはイ・スンウをBチームに入れれば、身代金が倍以上に上がる。
柄はバルセロナとイ・スンウが握ってるわけだ。

バルセロナがイ・スンウをどれだけ惜しんでいるかは、去年のジョルディ・メストレ副会長のインタビューでも知ることができる。
彼はスペインメディアとのインタビューで「イ・スンウがヨーロッパビッグクラブの求愛に苦しめられている」として、「失いたくない。最終的な決定は彼の両親がするだろうが、正当な条件の中でできるだけ守る」と語った。

もちろんFIFAのユース懲戒の余波で、イ・スンウはクラブが望むだけの成長をできなかったのかもしれない。
だがバルセロナB昇格の不発が失敗を意味するものではない。
他クラブで成功してからバルセロナに復帰することもできる。

イ・スンウのエージェントは"名将"ペップ・グアルディオラの弟であるペレ・グアルディオラだ。
彼はスアレスなどがいる大物エージェントで、能力だけは疑いの余地がない。

イ・スンウは韓国サッカーの希望である。
しっかりとした基本技と光る想像力、ゴール決定力を備えている。
戦術的動きに優れ、守備加担でも献身的だ。
フィジカルももう弱点ではない。
これまで行なった国際大会で、巨体に押されず戦った。
短所を長所に昇華して賢明に克服した。





しかし天才的才能を持っている有望株への視線は、日本とまったく違う。
日本は"検証されてない天才"久保を持ち上げることに余念がない。

久保に対する日本の世論は相変わらず熱い。
平凡なドリブルにポストメッシ、しなやかなターンにポストジダンと、息子自慢に余念がない。

一方、韓国サッカーは息子を他人と比較して叩くのが常である。

イ・スンウがアルゼンチン戦で"マラドーナ憑依ゴール"を放ってもそのときだけだ。
韓国の情緒はすぐに冷める。
バルセロナB合流が不透明になると、看板を重視しているからか、非難を浴びせている。
イ・スンウへの評価は10年後にしても遅くない。
彼は成長している新芽だ。
まだ保護されなければならない。

"サッカーの皇帝"マラドーナはイ・スンウについてこう評価した。
彼は4月、アルゼンチンメディアとのインタビューで「バルセロナからイ・スンウについてかなり聞いた」として、「彼が我が祖国を相手に活躍する姿を見るのは辛い」と語った。

マラドーナの言葉は現実になった。
イ・スンウはアルゼンチンをGLで脱落させた。
イ・スンウに対する一部の批評が無茶苦茶な理由だ。
バルセロナB昇格失敗が、サッカー人生の失敗を意味するものではない。
今はイ・スンウに勇気を与えるときである。


イ・チュンミン客員記者


【関連記事】
ドルトムント移籍説のイ・スンウ「バルセロナに残るのも良いが門を開けているのも事実」「行きたいチームを選ぶ」
韓国メディア「まだバルセロナBでもプレーしてないイ・スンウ、出場機会を考えればドルトムントに行く理由がない」
韓国ネチズン反応:西メディア「バルセロナはイ・スンウを見限ってB昇格のオファーをしなかった」
韓国ネチズン反応:西メディア「イ・スンウはバルセロナ残留を望んでいる」
韓国ネチズン反応:昇格したバルセロナBの外国人枠にブラジル人有望株、イ・スンウとペク・スンホに暗雲



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...