[Kリーグ2部] ファン・ウィジョ、城南を去ってJリーグ行き有力
NEWSIS




※一部要約

Kリーグチャレンジ(2部リーグ)の城南FCでプレーしているファン・ウィジョが、日本Jリーグに進出するものとみられる。

城南の関係者は13日、ガンバ大阪とファン・ウィジョの移籍交渉を進行中であると明かした。
この関係者は「移籍金についてガンバ大阪と話をしている。まだ移籍が決まったわけではない」と説明した。

ファン・ウィジョのガンバ移籍説が提起されたのは今回が初めてではない。
ガンバは長い間、ファン・ウィジョの獲得を推進していたことがわかった。
城南は2部リーグに落ちたが、ファン・ウィジョに向けられたガンバの愛情は冷めてなかった。

創立後初めての2部リーグに降格した城南は、16試合を行なった現在5勝5分け6敗で6位を走っている。
シーズン序盤に極度の不振に陥って最下位まで落ちたが、最近ペースを回復している。


スポンサーリンク
楽天






マイデイリー




※一部要約

ファン・ウィジョは昨シーズンに城南が2部リーグに降格し、Jリーグ移籍が有力だったが、ひとまず残留を選んだ。
しかしガンバはずっと関心を見せ、移籍が急流に乗ることになった。

城南もファン・ウィジョとの契約が終わる前に移籍金を取る計画である。
ファン・ウィジョは今年契約が終わる。





聯合ニュース




※一部要約

城南の関係者は13日、「現在Jリーグのガンバ大阪とファン・ウィジョの移籍に関して協議をしている」として、「移籍金など具体的な条件が行き来している段階」と明かした。

ただし「まだ確定した事案ではなく、いつでも状況は変わり得る」と余地を残した。

城南とファン・ウィジョの契約期間は今年までである。
今年を過ぎればファン・ウィジョは自由に移籍できるが、そうなれば城南は移籍金を一銭も取れない。

かといってファン・ウィジョに莫大な資金を投じて残留させることもできない。

城南は昨シーズン、Kリーグチャレンジに降格してから運営費が半減した。

城南市議会は4月の予算決算特別委員会で、今年のクラブ運営費73億ウォンのうち、30億ウォンを削減した。

サッカー界のある関係者は「城南は昨シーズンが終わった後、ファン・ウィジョをガンバ大阪に移籍させようとしたが、当時新たに就任したパク・ギョンフン監督の念入りな引き止めで望みを叶えられなかった」として、「今のチーム事情が厳しくなり、これ以上ファン・ウィジョを掴まえておくことができない状態であることがわかっている」と明かした。


【関連記事】
韓国メディア「ファン・ウィジョ、ガンバ大阪が狙うには残念な活躍」「移籍の鍵はファン・ウィジョが握っている」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...