日メディア、AFCの済州懲戒と控訴の雰囲気を先を争って報道
スポーツ朝鮮




※一部要約

済州がAFCの懲戒を受けた。

AFCは9日、HPに"済州のDFチョ・ヨンヒョンに資格停止6ヶ月と制裁金2万ドルの懲戒を下す"と明かした。
その他にペク・ドンギュには3ヶ月の資格停止と制裁金1万5000ドル、クォン・ハンジンに2試合の出場停止と1000ドル、クラブに制裁金4万ドルを課した。

日本メディアはAFCの判定発表のニュースを速報で伝えた。
スポーツ報知など複数のメディアは、済州の懲戒水準と重い懲戒を受けることになった背景を説明した。
サッカー専門メディアのフットボールチャンネルの場合、韓国メディアの記事を引用して「済州は処分に従わず異議申し立てを準備している様子」と報じた。


20170609202817462a.jpg


スポンサーリンク
楽天





日メディア速報「済州の猛烈は反発・・・驚くべき主張を展開」
STNスポーツ

20170609193446975.jpg


※一部要約

「この判定が誤審だと突然指摘し始めた」

先月31日のACL16強2次戦の浦和レッズとの遠征試合で、小競り合いに巻き込まれた済州ユナイテッドがAFCから重い懲戒を受けた。
済州は直ちに控訴する意向を明かした中、浦和が被害者だと主張している日本メディアも素早く反応を出している。

16強ホーム1次戦で2-0の勝利をおさめて有利な高地にいた済州は、遠征2次戦に0-3で敗北して8強進出に失敗した。
そのとき済州の選手が興奮していた状況で、浦和の選手が済州ベンチに向かってバカにするようなセレモニーをして、暴力沙汰が起きた。

感情が昂ぶった両チームの選手は、試合終了のホイッスルが鳴っても、さらに揉み合いが激しくなった。
済州のペク・ドンギュは退場のカードを受けなければならなかった。
浦和は済州の暴力行為をAFCに意見書で提出し、調査の結果によって済州の選手は重い懲戒を受けた。

済州は今回の懲戒について「浦和側が先に挑発して揉み合いが起きたのに、私たちに重い懲戒を下して当惑している」という反応を出した。
済州は韓国プロサッカー連盟の助けを借りて控訴する意向を明かしたことがわかった。


20170609193446975a.jpg


日本メディアは重い懲戒発表のニュースをすぐ速報で出した。
複数のメディアは「暴力行為をした済州のクラブと選手が重い懲戒を受けた」として、済州の選手が重い懲戒を受けることになった背景と経緯について詳細に説明した。
しかし浦和の不必要な行動についてはこっそり抜いて、済州の行為についてのみ深刻に並び立てている。

サッカー専門の<フットボールゾーン>オンライン版は「ペク・ドンギュがグラウンドに乱入し、前代未聞の退場になった。試合終了後も済州の選手とコーチングスタッフの狼藉によって、浦和の選手は追われるようにロッカールームに入っていった」と説明した。

また、"AFCの懲戒について釈然とせず、チョ・ヨンヒョンの退場自体が誤審"という済州の控訴方針の理由を伝え、「チョ・ヨンヒョンは2枚の警告カードを受けて退場したが、(済州は)この判定について突然誤審だと指摘している」として、「(済州が)驚くべき主張を繰り広げている」と非難した。


【関連記事】
【ACL】韓国メディア「ペク・ドンギュが阿部勇樹に日本謝罪遠征」「済州としては悔しいがペク・ドンギュの大乗的な決心」
【ACL】韓国ネチズン反応:AFCが済州に資格停止と制裁金の懲戒、済州側「韓国プロサッカー連盟と控訴の手続き」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...