[U-20現場レビュー] イタリア、フランスを2-1で下して8強進出・・・ザンビアと対決
インターフットボール




※一部要約

イタリアが効率的なサッカーで優勝候補のフランスを下し、8強進出に成功した。

イタリアは1日、天安総合運動場で行われたFIFA U-20以下ワールドカップコリア2017の16強戦で、フランスに2-1の勝利をおさめた。
これでイタリアは8強でドイツに劇的勝利をおさめて上ってきたザンビアと、準決勝行きのチケットをかけて6月5日に水原ワールドカップ競技場で対決する。


20170601215034459a.jpg

20170601215034459b.jpg

20170601215034459c.jpg


スポンサーリンク
楽天








イタリアサッカーの特徴:華やかだったり速かったり
個人技が優れているわけじゃないが基本技がしっかりしていて
体力も良くてパスとクロスがすごく精密である




イタリア・ザンビア戦の勝者が優勝する



ほら見ろ
こいつ日本との3次戦は八百長で合ってた

(参考:【U-20W杯】韓国ネチズン「懲戒しろ」:日本が2点差を追いついてイタリアと引き分け、劇的に16強行き



フランスは優勝を望むのならASモナコから第2のティエリ・アンリと呼ばれる
ムバッペ選手を連れてこなければならなかった



やはりフランスはイタリアのご飯だ~



イタリアの守備は本当に最高だ・・
守備をしていて決められそうだとうい考えがまったく起きないチームは初めて


┗やはりGLで判断してはならない
 フォームを上げてきたチームが上ってくる


┗フランスが落ちるとは大変事だ


┗イタリアは元々元祖沼サッカーだ
 ドイツもイタリアに弱い


┗こいつら日本戦は主戦が出てなかった?
 堂安に翻弄されてたのに守備陣が


┗イタリアが恐れているチームはたった一つ、ブラジルだ・・
 それ以外はすべてやってみるに値すると思っている



当然フランスが勝つと思っていたが
やはりサッカーは守備が基本だ



┗トーナメントはやはり守備



これだから余裕を持ってるチームはダメだということがわかる
(※シン・テヨン監督がGL3戦目のイングランド戦でターンオーバーしたことが批判されている)


┗今わかったのか?


┗イングランド戦は全力でやっても負けてたんじゃないのか?



我が国もシュティーリケのようなクソを連れてこないで
イタリア監督を迎えろ



┗協会が裏金を横領してなければ十分連れてこれる


┗アンチェロッティ監督はダメか?


┗シュティーリケも国籍は良い
 ドイツだ



イタリアのクロスは半端ない



今大会最大の衝撃的変事じゃないのか・・・
フランスが脱落って・・・


┗イタリアなら十分可能



見ていて感じたのが我が国との差はファーストタッチと
クロスの質が大きく違っていた
イタリア羨ましい




事実上、日本が優勝圏の戦力というのを証明した



イタリアは青少年や代表のチームカラーがはっきりしている
心理戦に長けていて憎らしいほど試合運営が上手い
元祖沼サッカーだ



シン・テヨンを見てるか?
ホームで攻撃的なサッカー?
私はあなたが恥ずかしかった



日本がいたのは死の組だった
それに比べて韓国は???




シン・テヨンはイタリアユースに行って守備をちょっと学んで来い



日本が私たちより良かったという証拠だ



どうせ優勝はイングランド



フランス監督「サブ選手を出すほど重要でない試合はない」
・・私たちは?



フランスのいた組が弱いチームというのが証明された
ニュージーランドはアメリカに6-0で大破された・・



どのスポーツでも優勝するには守備が土台にならなければならない・・・



日本の反応:私たちもフランスとしたら勝てていた



サッカーは勝ったチームが強いチームだということを改めて感じた



ザンビア頑張れ



これでなぜ日本には2-2で引き分けたのか



決勝はベネズエラvsザンビアと予想



守備>>>>>>>>攻撃が真理だ



大国は大国だね
3試合全勝で1位、9ゴール0失点
フランスが可哀想だ


┗相手チームがホンジュラス、ベトナム、ニュージーランドだ
 他の組だったら3勝は保証できない



ジダンの頭突きを思い出す



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...