[日本-イタリア] 脱落と起死回生、岐路に立った日本サッカー
スポーツ韓国




※一部要約

運命の一戦。
日本メディアが表現したイタリア戦の意味である。

理由がある。
日本は現在、FIFA U-20ワールドカップコリア2017D組の3位である。
1勝1敗でイタリアと勝ち点は同じだが、得失差で2ゴール遅れている。
イタリアを越えて2位以内に入れば16強に上がれるが、ちょうど27日に天安総合運動場で会うことになる最終戦の相手がイタリアだ。

イタリアは日本に勝てば16強に上がれる。
だが引き分けや負けであれば状況を見守らなければならない。
今大会の16強進出権はグループ1~2位、そして各グループ3位の6チームのうち、成績上位の4チームに与えられるからである。

引き分けをおさめれば勝ち点4を確保、16強進出の可能性を眺めることができる。
最近3大会で勝ち点4を得た3位チームの中で、脱落したチームはなかった。
戦力的に日本が狙える現実的な目標になり得る。

一方、イタリアと日本の試合はMBCスポーツ+で生中継される。


スポンサーリンク
楽天





[U-20] 久保は日本の16強行きの"メシア"になれるか
スポータルコリア




※一部要約

"日本のメッシ"久保建英に再び視線が向いている。
U-20ワールドカップ16強進出の難関にぶつかった日本は、久保マジックがGL最終戦で再び出ることを願っている。

日本がイタリアに勝てば少なくとも2位を確保して16強に上がれる。
日本とイタリアが引き分ければ、両チームは1勝1分け1敗となる。
日本は3位になるが、各グループ3位チームのうち、上位4チームが16強に上がれるので、進出の可能性は相変わらず存在する。

そのためには少なくとも引き分けなければならない。
日本としては久保の天才的才能にもう一度期待をかけることになった。

前の2試合で交代投入された久保は、イタリア戦でも交代投入が予想されている。
ウルグアイ戦で十字靭帯を負傷した小川航基に代わって田川亨介が先発出場する予定である。
183センチの小川のポストプレーと守備攻略を、181センチの田川によって代替するという意味だ。

これはウルグアイ戦の失敗を繰り返さないという意味でもある。
イタリア戦(※ウルグアイの間違い)で内山監督は、小川が負傷するとすぐに久保を投じた。
170センチの久保が小川の役割を消化するのは無理だった。
日本がウルグアイ戦でスムーズな攻撃が成立しなかった原因でもあった。

久保はイタリア戦(※ウルグアイの間違い)で振るわない姿を見せたが、相変わらず大きな期待を集めている。
後半にジョーカーとして投入すれば、試合の雰囲気を変えられるためである。
前の2試合で久保はU-20ワールドカップで自分の技量が通用することを確認した。
最も重要な勝負を控え、さらに自信を持つことになった。

日本も久保を通じて16強進出の峠を越えようとしている。
久保は2列目で存在感を発揮している。
久保は同僚より3~4歳若いが、同僚選手は久保の技量を認めてたくさん力を貰っている。

久保はスピードと技術のある選手なので、相手の体力が落ちる後半に試合の様相を変えることができる。
ウルグアイ戦では失敗したが、日本は相変わらず久保のプレーに期待をかけている。
"日本のメッシ"と呼ばれて話題を集めた久保が、イタリア戦で16強に導く"メシア"になれるのか注目される。


【関連記事】
【U-20W杯】韓国ネチズン「ふふふ」:日本がウルグアイに0-2で敗れてGL3位に
【U-20W杯】韓国メディア「久保建英に対する日本の熱気は度を超えていた」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...