[U-20] "イ・スンウ、ペク・スンホの後輩"久保の尊敬「両選手ともスーパースター」
ジョイニュース24




※一部要約

"次世代スター"に挙げられる久保建英(FC東京)がFCバルセロナで同じ釜の飯を食べたイ・スンウとペク・スンホの大活躍を予想していたのだろうか。
両選手を"スーパースター"と称して尊敬を送った。

久保が属する日本は20日、初戦の相手である南アフリカ、そしてD組にともに属しているウルグアイやイタリアと水原ワールドカップ競技場で公式記者会見を行なった後、午後4時30分から6時まで水原ワールドカップ補助競技場で最後の体の状態の調整をした。

久保もこの日の練習を無理なく消化した。
紅白戦にも出場し、FK練習にも参加、鋭いキック能力を披露して取材陣の感心を買った。

試合後、"ジョイニュース24"と会った久保は「気持ちはいつも通り淡々としていた」としつつも、「グラウンドでなければあまり興奮はしない」という言葉で試合への覚悟を代弁した。

彼は「先発でもサブでも行けるように良い準備をした」として、「途中投入されるのは、先発で出るより確かに負担が少ないので、大丈夫だと思う」と"ジョーカー"の役割を肯定的に受け入れたりもした。


スポンサーリンク
楽天





イ・スンウ、ペク・スンホらとバルセロナのカンテラ所属として同じ釜の飯を食べた韓国選手についても語った。
この日、日本取材陣の質問よりも多くの時間を割いた。

彼は「両選手とも良い選手だと思う。イ・スンウはやはり多くの注目を集めた選手で、ペク・スンホはイ・スンウより注目度は高くなかったが、バルセロナで先にデビューしたりBチームに出場したりした」と二人を高く評価した。

続けて「この前バルセロナに行ったときも、両選手がどちらもBチームとユースチームでしっかりプレーしているのを見た。イ・スンウとペク・スンホはどちらも韓国にとって将来有望なスーパースターだと思う」とバルセロナの先輩に対する"尊敬"をあらわした。

韓国ファンへの挨拶を頼むと、すぐに彼は「韓国のサッカーファンの皆さんが少しでも(自分のプレーで)楽しめる試合をしたい」としっかりとした抱負を明かした。

偶然にも久保のこの発言の後、イ・スンウとペク・スンホはギニアとのA組初戦でそれぞれ1ゴール1アシストをおさめて3-0の勝利を牽引した。

イ・スンウとペク・スンホの後輩格である久保だ。
日本では大きな期待を受けている選手で、満15歳で今大会2番目の年少者であり、日本U-20代表史上最も若い選手で抜擢された。

内山篤日本U-20監督は「味方選手が何をするか、相手がどんなプレーを展開するのかよくわかっている選手」として、「(久保が)プレーするのを見ると、判断力が非常に高いと感じた」と"飛び級"した15歳の選手を高く評価した。

内山監督の言葉のように、実力的には"プロの舞台での経験"という保証小切手がついている状態。
Jリーグ最年少出場記録と最年少得点記録も彼が持っている。

FCバルセロナ出身ということも、彼に対する期待値を高めている要因である。
"兄"たちと多くて4歳近い差がある彼に、試合の流れを変えるスーパーサブの役割を任せることもその傍証と言える。
韓国でどんなプレーを繰り広げるのか、すでに気になる理由だ。

久保が属する日本は21日に南アフリカとD組初戦を行う。
久保は"スーパーサブ"での出場が有力である。


【関連記事】
韓国メディア「U-20W杯はイ・スンウと久保建英の自尊心をかけた全面対決」「イ・スンウは自分が優位にあると自信」
【U-20W杯】韓国ネチズン反応:死の組に入った日本をワクワクさせる久保建英マジック
【U-20W杯】韓国メディアの取材に答えたガンバ大阪MF堂安律「オ・ジェソクが応援に来る」「彼の前で良い姿を見せてやりたい」
【U-20W杯】韓国ネチズン反応:韓国代表がA組初戦でギニアに3-0の完勝、イ・スンウ1G1A



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...