[サッカー] ウルグアイ監督「韓国が会うアルゼンチン、私たちと似たスタイル」
ニュース1




※一部要約

シン・テヨン号は11日午後、清州総合運動場で行われたウルグアイU-20代表との評価試合で、前半39分に出たイ・スンウの先制ゴールと、終了直前のカン・ジフンの追加ゴールで2-0の勝利をおさめた。

ウルグアイは強豪がひしめく南米予選を1位で通過したチームである。
客観的戦力で優勝圏に近いという評価を受けている。
そのようなチームを相手に無失点の勝利をおさめたというのは、かなり鼓舞的なことだ。
弱点と指摘されていた守備の方で相変わらず不安な姿を見せたというのは惜しかったが、2-0は自信を持てる結果である。

ウルグアイ代表を率いるファビアン・コイト監督は、韓国の戦力に拍手を送った。
コイト監督は試合後の公式記者会見で「韓国の速いリズムに私も驚いたし、私たちの選手も驚いただろう」と讃えた。

続けて「私たちは数日前まで中国で練習をして、一昨日韓国に入ってきた。コンディションは良くない」として、「コンディションを上げなければならないので、この試合はかなり重要だった。これから大会が開幕する前までにコンディションを調整するだろう」と計画を伝えた。

コイト監督は「韓国の戦力を見ると、十分に好成績をおさめられると思う。攻撃のリズムがとても良い。攻撃の切り替えも速い」として、「韓国が本戦で会うアルゼンチンは私たちとスタイルが似ている。守備は安定的だが、攻撃は爆発的だ」という言葉でヒントを投げかけて善戦を祈った。


スポンサーリンク
楽天





ウルグアイのデラクルス「旅の疲れよりは韓国のスピードに負けた」
フットボールリスト




※一部要約

開催国韓国との試合に0-2で敗れたウルグアイU-20代表選手が敗北に納得した。
90分フルタイムを消化した背番号11の攻撃型MFのデラクルスは「飛行の疲労がなかったわけではないが、韓国の試合のリズムがあまりにも速くて、私たちは良い試合をできなかった」と言った。

ファビアン・コイト監督も「選手も私も韓国の試合のリズムに驚いた」と言った。
コイト監督は「韓国は4強に上がる潜在力が高い。親善試合だったが非常に良いチームというのがわかった。組織も良く、判断力も優れ、試合のリズムと切り替えのスピードが速い」と讃えた。

試合後、ミックスゾーンで会ったデラクルスの反応も同じだった。
ウルグアイ代表の有望株の一人であるデラクルスは、南米予選でウルグアイの3トップのFWを支援する主戦プレーメーカーとして大活躍した選手。
この日もやはり2列目で活気に満ちた技術を披露した。
"フットボールリスト"とのインタビューに応じたデラクルスは「U-20ワールドカップを準備するのにすごく良い試合だった。私たちの目標は優勝で、韓国は非常に大きなライバルになるだろう」と言った。

ウルグアイはイタリア、日本、南アフリカと同組に属し、韓国戦を仮想日本戦にした。
「日本と似ているチームだった。本戦を準備するのにとても良い経験になった。飛行の疲労もありながら練習していたが、私たちはその中で最高の姿を見せなければならなかった。何より韓国がとても速い試合のリズムで競技をしたので、私たちは良い試合をすることができなかった」

デラクルスは「韓国にはすごく良い選手が多かった。特に背番号10(イ・スンウ)と11番(チョ・ヨンウク)が印象的だった」と言った。
続けて「韓国は非常に美しいところだ。環境も良く、競技場の環境もすごく良い。韓国で初めて試合を経験したことがとても重要だ」として、敗れはしたが良い評価試合だったという所感を明かした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...