[トットナム ウェストハム] ソン・フンミン、チーム内最高評点で慰め
デイリアン




※一部要約

"ソンセーショナル"ソン・フンミンが敗北の中でもチーム内最高評点で活躍を認められた。

ソン・フンミンは6日、ロンドンスタジアムで行われたウェストハムとのEPL遠征試合で左サイドの攻撃手として先発出場し、フルタイムを消化した。

だがトッテナムが0-1で敗れたため頭を下げるしかなかった。

特に、この日得点に成功していればチャ・ボングンFIFA U-20ワールドカップ組織委員会副委員長が持っている記録を越えて新たな歴史を作れるところだったが、チーム全体の不振の中で一人では何もできなかった。

ソン・フンミンは奮闘したが、トッテナムが試合の主導権を完全に奪われ、ボールを受ける機会が多くなかった。
ウェストハムの密着守備にもかかわらず活発な運動量を前面に出して競技場を駆け回ったが、同僚のパスは毎回ソン・フンミンを無視した。

これに対してソン・フンミンは直接活路を開きに出た。
事実上、一人で孤軍奮闘したソン・フンミンだった。

試合直後、ヨーロッパのサッカー統計サイトのフースコアードドットコムは、ソン・フンミンにチーム内最高の評点7.07を与えた。

ハリー・ケイン(6.19)、デレ・アリ(6.32)、エリクセン(6.70)らのFWが概して低い評点を受けた中、事実上ソン・フンミン一人が際立って見えた試合だった。


スポンサーリンク
楽天





[海外サッカー] 英国メディア、ソン・フンミンの評点5・・・チーム内最低評価
ニュース1




※一部要約

ウェストハムを迎えてソン・フンミンは左右のサイドをこまめに行き来し、攻撃に活気を吹き込んだ。
また、前方から強いプレスと積極的な守備加担をした。

だが英国現地の反応は冷ややかだった。
英国日刊紙デイリー・メールは試合後、ソン・フンミンに評点5を与えた。
チーム内で最も低い点数である。
守備陣営でミスを犯したアルデルヴェイレルトをはじめとしてベン・デイビス、デレ・アリが5.5点でソン・フンミンより高評価を受けた。

英国スポーツ専門メディアのスカイスポーツもソン・フンミンに冷情だった。
ソン・フンミンはスカイスポーツから5点を受けたが、これはチーム内で2番目に低い評価だった。
スカイスポーツはカイル・ウォーカーに4点を与え、アルデルヴェイレルト、ヤン・フェルトンゲン、アリ、ハリー・ケインらに5点を与えた。




英国メディア「ソン・フンミン、ウェストハム相手に何もできず」
スポーツ韓国




※一部要約

期待が大きかっただけに失望も大きかったのか。
英国現地メディアはトッテナムの選手に低い評価を下した。
イングランドのサッカー専門メディア・フットボールインサイダーは、ウェストハム戦終了後にトッテナムの選手に評点をつけた。
そこでソン・フンミンは評点5を受けた。

このメディアはソン・フンミンに5点を与え、「攻撃陣から消えたように見え、低調な競技力に終わった。ウェストハム相手にいかなる決定的シーンも作り出せなかった。前よりもさらに良くなる必要がある」と指摘した。

もちろん評点5は決して高い点数ではない。
だがこの日は全体的にトッテナムの選手がすべて低調なヒョ点を受けたことを考慮すれば、失望するには早い。
ソン・フンミンを含む、この日トッテナムの4人のFWはすべて評点5を受けた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...