AFC、"戦犯旗応援"川崎クラブに罰金賦課
スターニュース




※一部要約

AFCが戦犯旗を持って応援を繰り広げた遠征ファンへの責任を問い、川崎フロンターレに罰金を賦課した。

AFCは4日、公式HPで懲戒委員会の結果を発表した。
川崎は4月25日、水原ワールドカップ競技場で行われた水原三星との"AFCチャンピオンズリーグ"G組5次戦に1-0で勝利した。

試合中に川崎ファンがしばらく戦犯旗を掲げた。
この旗はすぐに撤去されたが、試合終了後に水原三星ファンが川崎ファンに抗議する騒動まで起きた。





スポンサーリンク
楽天





[サッカー] AFC、"戦犯旗応援"川崎を懲戒・・・1試合無観客+罰金1700万ウォン
ニュース1




※一部要約

AFCはサポーターの管理を怠った川崎に1試合を無観客で行うようにし、罰金15000ドルを支払うよう命じた。
それとともに執行猶予1年にして、同じ事件が起きれば加重処罰すると警告した。

川崎サポーターの二人は水原と川崎の試合が行われる前、水原ワールドカップ競技場に戦犯旗と日章旗を掲げて物議を醸した。

水原のクラブ関係者はこれを把握してから安全要員に連絡を取り、安全要員がすぐに戦犯旗を押収した。

試合後、水原の一部のサポーターは川崎応援団に激しく抗議し、結局川崎サポーターの代表が水原のホームファンに謝罪をした。
戦犯旗を掲げたサポーターは川崎の遠征応援団に謝罪した。

AFCは広州恒大への懲戒も同時に発表した。
広州の一部のファンは4月25日、香港のモンコックスタジアムで行われたイースタンとの試合で、「英国の犬」という文面を掲げた。
AFCのは広州に2試合の無観客試合と猶予期間2年、そして罰金22500ドル(約2550万ウォン)の懲戒を下した。




AFC、"戦犯旗"川崎に罰金刑・・・広州も罰金刑
ベストイレブン




※一部要約

川崎フロンターレ・日本Jリーグ連盟・日本サッカー協会の対応が注目される。
事件発生後、彼らは戦犯旗がファンの応援道具としてまったく問題にならないという反応を示した。
田嶋幸三日本サッカー協会会長は先月30日、「政治的意図はないと考えている。AFCとFIFAにもこれについてずっと説明している」と語ったことがある。
下されるかもしれない懲戒に関しては「文部科学省、スポーツ庁、外務省と議論して対応しなければならないだろう」とも語っていた。
またAFCの懲戒発表直後、日本サッカーファンの間で今回の懲戒に関して大きな反発が起きている状況だ。
したがって日本サッカー協会と政府次元で今回の懲戒について、控訴される可能性を排除できない。


【関連記事】
【ACL】韓国メディア「旭日旗はAFC次元で制裁が必要」「蔚山が鹿島ファンのスポーツ精神に反する行動を徹底して阻止」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...