黄色いリボン・沈黙応援、Kリーグファンがセウォル号惨事の3周忌で追慕
ジョイニュース24




※一部要約

Kリーグは変わることなくセウォル号惨事を忘れてなかった。

16日、蔚山文殊サッカー競技場、KEBハナ銀行2017Kリーグクラシック6ラウンドの蔚山現代-FCソウルの対決は、沈黙の中で始まった。

この日はセウォル号惨事の3周忌だった。
各種追慕イベントが15~16日に行われた中、文殊サッカー競技場では前半開始後の9分間、静かな雰囲気で試合が行われた。
行方不明者9人のための沈黙応援だった。
両クラブのファンが合意の下で応援しなかった。

観客席にはセウォル号を追慕する黄色いリボンが掲げられていた。
売る団ファンは"リメンバー(REMEMBER)2014・04・16"という横断幕と手すりに黄色の帯をかけていた。
観客席の一部も黄色いリボンで覆われた。

全州総合競技場で行われれた全北現代-尚州尚武戦では、惨事の日のために前半開始後4分16秒間応援しなかった。
特別な檄文は飾られなかったが、それ自体でも追慕の意味があった。

水原三星ファンは水原ワールドカップ競技場で行われた光州FC戦で、"忘れることは、失うということ2014・04・16"を通じてセウォル号の惨事を忘れないようにしようというメッセージを伝えた。

済州ワールドカップ競技場で開かれた済州ユナイテッド-江原FC戦を応援する両チームのファンも、沈黙応援に同調するなど、自発的に追慕した。
"あなたと私、そして私たちのセウォル号"という横断幕がかかった。
韓国プロサッカー連盟の関係者は「特別な追慕イベントの指針を下したことはなかった」と伝えた。
ファンが自発的に追慕したという意味である。


スポンサーリンク
楽天





ヨーロッパビッグクラブもともにした"セウォル号3周忌"追慕
ソウル経済




※一部要約

セウォル号惨事の3周忌を迎えた16日、世界的なサッカークラブも追慕の隊列に参加した。

パク・チソン選手のホームチームで、国内で最も多くのファンを確保しているマンチェスター・ユナイテッドは16日、公式フェイスブックのページでセウォル号の3周忌への追悼文を残した。
マンUは「3年前の今日、マンチェスター・ユナイテッドは韓国で起きたセウォル号沈没事故の報せを受け、衝撃と悲しみに沈みました」として、「3年が過ぎた今日、セウォル号は陸に上がったが、9人は相変わらず帰ってこれずにいます」というメッセージを残した。
続けてマンUは「マンチェスター・ユナイテッドの全構成員はセウォル号事件で悲しみに沈んだすべての方々と心をともにします」として、「9人の行方不明者がすべて帰ってこれるように祈ります」とした。





スペイン・プリメーラリーガのFCバルセロナも追慕のメッセージを残した。
FCバルセロナは16日、公式フェイスブックのページに「Remember 2014.04.16. 忘れません」という韓国語のメッセージを掲載した。
また、"クラブ以上のクラブ(Mes Que un Club)"というクラブの象徴文の上に黄色いリボンを一緒に掲示し、犠牲者への追慕のメッセージを伝えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...