交代メンバーに入ったパク・チュホ、だが出場不発
スポーツ京郷




※一部要約

ブンデスリーガのドルトムント所属のDFパク・チュホが久しぶりに交代メンバーに名前を上げた。
だがまた出場機会を得られなかった。

パク・チュホは5日、ドルトムントのジグナル・イドゥナ・パルクで行われたハンブルクとのホーム試合で交代メンバーに入った。
だが前後半90分に間に出場機会を掴むことができず、そのまま荷物をまとめた。

パク・チュホがブンデスリーガで最後に出場したのは去年10月23日のインゴルシュタット戦である。
クラブ間の親善試合まで含めると、1月18日のパーダーボルン戦で26分間プレーしたのが最後だ。

ドルトムントはこの日の試合にパク・チュホなしでハンブルクに3-0で完勝した。
前半13分にカストロ、後半36分に香川、後半追加時間にオーバメヤンがゴールを決めた。

ドルトムントは4位を走っている。
2位ライプツィヒとの勝ち点差は2である。


スポンサーリンク
楽天





[ブンデスホットピープル] "自信回復"香川、蜜蜂軍団の核心に戻る
スポータルコリア




※一部要約

"蜜蜂軍団"ボルシア・ドルトムントの核心に戻った。
Aマッチで自信を回復した香川真司が所属チームでも大活躍を続けた。

ドルトムントは5日、ハンブルクとのブンデスリーガ27ラウンドで3-0の完勝をおさめた。

香川の活躍が断然輝いていた。
4-3-3の攻撃型MFで出場した彼は、後半だけで1ゴール1アシストを固め打ちしてチームの大勝を導いた。

冷静さと自信が際立って見えた。
香川は後半36分、左サイドから上ってきたオーバメヤンの低いクロスを落ち着いて得点につなげた。
6分後には自信を持って相手の守備の後ろのスペースを攻略し、楔のゴールを引き出した。

単に攻撃ポイントだけではない。
英国"フースコアードドットコム"の統計によると、香川はこの日、両チーム合わせて最多の5回のキーパスを記録したりもした。
これに対して9.04点という高評価を受け、この日の試合の最優秀選手に選ばれた。

急な上り調子が続いている。
最近4試合連続で先発出場の機会を掴んだ香川は、1ゴール3アシストを上げて大活躍した。
そのおかげでドルトムントは2勝1分け1敗という優れた成績を残した。

香川の後半期の反騰を予想した人は多くなかった。
香川は先月まで負傷に苦しめられ、ベンチを守ることが多かった。
リーグでの先発出場は5回に過ぎなかった。





黙々と試練を耐え抜いた香川にチャンスが訪れた。
マルコ・ロイスがハムストリングの負傷で戦力から離脱したことが好材料として作用した。
彼の空白を埋める価値のある資源は香川が唯一だったからである。

香川はチャンスを逃さなかった。
やっと先発出場の機会を得たヘルタとの24ラウンドで、オーバメヤンの得点を作り出してクラブとファンの期待に応えた。

不十分な出場時間は問題にならなかった。
香川は頻繁に2列目と3列目を行き来し、攻守のつなぎの役割を正確に果たした。
91.3%の高いパス成功率を記録しただけでなく、3回のキーパスで攻撃に活気を吹き込んだ。

上り調子は日本代表でも続いた。
香川は先月24日のUAE、28日のタイとのワールドカップアジア最終予選で先発出場し、日本の2連勝を導いた。
タイ戦では試合開始8分で先制ゴールを奪い、自信を完全に取り戻した姿を見せた。

疲労ではなく達成感と自信がついてきた。
香川の急な上り調子はヨーロッパとアジアを行き来する厳しい日程にもかかわらず折れなかった。
むしろAマッチ以降に行われた2試合で連続攻撃ポイントを積み、大活躍している香川だった。

再び別の試験の舞台が訪れている。
9日に行われるバイエルン・ミュンヘンとの28ラウンドだ。
勝ち点50で4位に留まっているドルトムントは、上位圏争いを続けるために絶対勝利が必要である。
ロイスの空白を埋めなければならない香川の肩は重い。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...