[専門家緊急診断] 8人中6人「シュティーリケは答えがない・・・すぐに更迭しなければ」
スポーツ京郷




※一部要約

「これだけ時間を与えたのに、その間どういう哲学を見せたのか」

あるサッカー解説委員は長い溜息を吐いて「答えがない」と言った。
あるサッカー元老は先日のサッカーを見て、ちゃんと眠ることができなかったと言った。
国内サッカー人は危ういサッカー代表を見て焦っている。
彼らはシュティーリケ監督の能力に落第点をつけた。
すぐに更迭しなければならないという意見が優勢な中で、突然変えることの副作用を憂慮する声もあった。
専門家らはシュティーリケ関東の去就問題とは別に「能力不足」を一斉に指摘して、9回連続ワールドカップ本戦行きが最大の危機に瀕していると指摘した。

スポーツ京郷が29日に国内解説委員や元監督などのサッカー専門家8人を相手にシュティーリケ監督の更迭問題を緊急アンケートした結果、6人がすぐに更迭しなければならないと答えた。
2人は明確な代案がないので留任するのが現実的に正しいと答えたが、今のシュティーリケでは本戦チケットを手にするのは難しいと言った。

ある解説委員は「これだけ長い期間、機会を持った監督はいなかった。だがシュティーリケ監督はどんな戦術的哲学も見せられなかった。これまで示してきた資質を見たとき、これ以上待っても新たに出てくるものはない」と指摘した。
彼は「自己に確信がなく、世論の敏感に反応し、何かを示そうとするような行動で選手を選んで無謀に起用した」として、「韓国サッカーを愛するより、ただ自分の席だけを考えているようだ」と苦言を飛ばした。

過去の監督交代の副作用の例を挙げて留保の立場をあらわした専門家もいる。
彼は「私たちはすでに2014ブラジルワールドカップで監督を変えて失敗したが、その過ちを繰り返すことが憂慮される」と言った。
だが彼は「シュティーリケ監督に問題があるという事実には同意する」と明かした。

専門家らは残り3試合で9回連続ワールドカップ本戦行きを達成するには、監督を変えるか新たな変化が必要だと口を揃えた。
ある専門家は「シュティーリケ体制で行くなら代表の保有資源を綿密に分析し、相手チームに合わせて開かれた心で抜擢しなければならない」と言った。
続けて「シュティーリケ監督が助言を受け入れるほどの経験があり、戦術能力のあるコーチを連れてきて補完しなければならない」と言った。


■シュティーリケ号緊急診断調査の参加者名簿

キム・テギル(スポーツ京郷解説委員)、パク・ムンソン(SBS解説委員)、ハン・ジュンヒ(KBS解説委員)、イ・フェテク(大韓サッカー協会元技術委員長)、チャン・ジヒョン(SBS解説委員)、チョ・グァンレ(大邱FC代表取締役)、シン・ムンソン(明知大大学院教授)、キム・セユン(大韓サッカー協会元ビデオ分析官)


スポンサーリンク
楽天





[ヒドゥントラック] 信頼を失ったシュティーリケ、更迭するには今が"ゴールデンタイム"
フットボールリスト




※一部要約

協会は決断を下さなければならない。
悩む時間で遅らせてはならない。
"もう一度"見守る時間はない。
カタール遠征を行えば、ワールドカップ予選はプレーオフの日程を含めて毎月休むことなく続く。
チーム整備のために変化を模索できる時間はない。
4・5月がまるごと空く今が唯一の、最後のゴールデンタイムだ。

ヨーロッパのサッカー監督と交流をよくしているあるエージェントは「ワールドカップ本戦までの1年のミッションであれば、ヨーロッパで休んでいる監督にとっては魅力的な条件」と言った。
自力で本戦行きが可能な時点で、わずか3試合が残っている状況、ワールドカップ本戦を監督として指揮できる機会は、考慮する必要のあるオファーだ。

去年3月にはハリー・レドナップ監督がワールドカップ最終予選脱落危機にあったヨルダン代表の監督に短期就任したりもした。
韓国もやはり2006ドイツワールドカップの準備過程で、最終予選終了後にボンフレール監督を更迭してアドフォカート監督の選任に成功したことがある。
今のシュティーリケ監督への評価と世論は、ボンフレール監督よりも良くない。




サッカー協会が来週技術委開催・・・シュティーリケ監督の去就を議論
聯合ニュース




※一部要約

サッカー協会の関係者は30日、「来週中に技術委員会を開くために委員の日程を調整している」として、「代表の運営全般について議論することがわかっている」と伝えた。

今回の技術委員会は、23日の"長沙惨事"と記憶されている中国戦と、辛うじてA組2位を守ったシリア戦で露呈した代表の競技力を集中的に分析する予定である。

合わせて最近更迭論が膨らんでいるシュティーリケ代表監督の去就も議論される予定だ。

イ・ヨンス技術委員長は聯合ニュースとの電話で「代表の運営全般を議論することになる」として、「代表の競技力の分析を通じて、シュティーリケ監督の去就問題が議論される可能性も排除しない」と語った。

協会の規定上、代表監督の交替と新司令塔の招聘は技術委員会自身の権限である。

技術委員でシュティーリケ監督残留の結論が出れば、6月13日のカタールとのワールドカップ最終予選8次戦に備えて支援に総力を尽くすことになり、交替の方に意見がまとまれば5月末までに新司令塔を迎える見通しだ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...