"2G連続大活躍"久保、日3連勝を導く
スターニュース




※一部要約

久保裕也が24日に行われたUAE戦に続いて2試合連続1ゴール1アシストの大活躍をした。

日本は28日、埼玉競技場で行われたタイとの"2018ロシアワールドカップ"アジア地区最終予選B組7次戦で、1ゴール1アシストを記録した久保裕也の大活躍を前面に出して4-0の完勝をおさめた。
香川真司、岡崎慎司、久保裕也、吉田麻也ら海外派選手が全ゴールを決めた。

これで日本はワールドカップ予選6試合無敗行進を走り、グループ1位を守った。
一方のタイは7試合で1勝もできずに最下位を維持した。

久保は24日のUAEとの遠征6次戦でも2列目の攻撃手として出て1ゴール1アシストを記録した。
ハリルホジッチ監督は所属チームでポジションを掴めていない本田圭佑の代わりに、ベルギーリーグで活発にプレーしている久保を重用した。

久保は1月の移籍市場でスイスのヤングボーイズからベルギー所属のヘントに移籍した。
ヤングボーイズ所属として3シーズンで105試合26ゴールを記録した。
今シーズンは"スイスリーグ"で14試合5ゴールを記録していた。
移籍後もベルギーリーグで7試合に出場して5ゴールを取り、優れた活躍を繰り広げている。
そのような活躍がハリルホジッチ監督の心を捉えた。

ハリルホジッチ監督は後半39分に大活躍した久保を外して配慮した。
久保は訳もなくヨーロッパの舞台でプレーしているのではないことを証明した。


スポンサーリンク
楽天





[Aマッチフォーカス] "確率0%→B組1位"日本、韓国と明確な温度差
スポータルコリア




※一部要約

日本メディアもタイ戦の完勝に親指を立てた。
試合直後、日本の毎日新聞は「日本が香川、岡崎、久保の活躍で勝利した。勝ち点16を確保して最終予選突破に青信号を灯した」と称えた。

香川真司への絶賛もあった。
日本のサッカー専門メディア"ゲキサカ"は「香川がキリンカップのブルガリア戦以降、10ヶ月ぶりに得点を記録した。UAE遠征でも大活躍していた」と伝えた。
このメディアは香川がUAE戦で記録したパス成功率(84.8%)の言及も忘れなかった。

韓国とは温度差が明確だ。
シュティーリケ号は中国遠征で惨敗してから、シリア戦で1-0の勝利を手にした。
ファン・ヒチャンの可能性とキ・ソンヨンの中盤指揮にもかかわらず、世論は冷たかった。
余裕のある運営と安定した守備がなかった結果である。

圧倒する姿がなかった。
相手はFIFAランキング95位だった。
アジアサッカーのレベルは平準化したが、韓国の目標はワールドカップ進出ではない。
世界の舞台での競争だ。
落雷ゴールがなければ、シリアの最後のシュートがゴールネットを揺さぶっていれば、勝ち点3はなかった。

日本は去年9月のUAEとの1次戦の衝撃負けで酷く苦労した。
日本メディアは絶えず0%を取り上げた。
ワールドカップ最終予選の1次戦で敗北すれば、本戦に上がったチームが過去に一つもなかったためである。
ハリルホジッチ監督更迭説まで膨らんだ。

苦痛は成長の土台だったのか。
日本はますますペースを見つけていった。
タイ遠征の2-0の勝利から一度も負けなかった。
勝ち点をきっちりと積み重ねてサウジアラビアを脅かし、断頭台マッチで2-1の勝利を手にした。
タイ戦の完勝によって多得点で優位に立ち、B組1位登極に成功した。

韓国は日本の今を見逃してはならない。
もう完璧な競技力と診断によって、上辺だけの勝利を勝利を取り除かなければならない。
アジアの虎としての価値を証明しなければならない。
私たちが脂汗の試合を繰り返している間に、近くて遠い国は0%の確率を乗り越えて世界の舞台を準備している。





【関連記事】
【W杯予選】韓国ネチズン「最悪の競技力」:韓国がホームでシリアに1:0の辛勝、A組2位を維持
【W杯予選】韓国ネチズン「日本>韓国」:日本代表がタイに4-0の完勝、B組1位に跳躍



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...