韓国サッカーのファン・ヒチャン、中選手に足蹴り?・・・「マナーも負けた」
韓国経済TV




※一部要約

韓国代表FWファン・ヒチャンが中国選手との小競り合いで眉をひそめさせた。

ファン・ヒチャンは23日、中国長沙の賀竜スタジアムで行われた"2018ロシアワールドカップアジア地区最終予選"A組6次戦の中国との試合で、後半20分にコ・ミョンジンと交代して投入された。

0-1でリードされていた状況で投入されたファン・ヒチャンは、後半45分に不必要なファールを犯した。
ファン・ヒチャンはタッチライン付近で中国の尹鴻博とボール争いをして、倒れた尹鴻博に向けて荒っぽくボールを蹴った。

これに対して中国選手はファン・ヒチャンの方へ飛んできて、それを止めようとした韓国選手まで集まり、結局両チームの選手はしばらく小競り合いを起こした。

ネチズンはスポーツ精神が足りなかったファン・ヒチャンを批判している。
「精神勝利でもしようとしたようだ」「誰が見ても故意だが」「マナーも中国に負けた」「負けてもマナーはちょっと守ろう」「本当にプロ選手なのかと思った」などの反応を見せた。

一方、韓国代表はロシアワールドカップアジア地区最終予選A組2位になった。
韓国は3勝1分け2敗の10点を記録し、ウズベキスタンは3勝3敗で9点、シリアは2勝2分け2敗の8点である。


スポンサーリンク
楽天





ファン・ヒチャン、中国選手と小競り合い「故意じゃなかった」
トップスターニュース




※一部要約

ファン・ヒチャンは「タッチラインからボールが出なかった。ボールが生きていて、相手選手の体に当ててアウトにしようとした」として、「ところがその選手の体に脚が当たって、それを見た中国選手が興奮した。故意じゃなかった。ボールがライン内で生きていたのでそうしようとした。私がかなり至らなかった」と説明した。

一方、ファン・ヒチャンは28日のシリア戦を前に「攻撃的にすること。無条件に勝つという考えで準備する」と明かして意志を示した。




"サードキック論難"ファン・ヒチャン、インスタグラム非公開に切り替え
国際新聞




※一部要約

論難が続くとファン・ヒチャンは自分が運営しているインスタグラムのアカウントを非公開に切り替えた。
ひとまず重要な試合を控えていて、非難の世論を意識しないという意志だとみられる。





ネチズンの反応は二つに分かれている。
一つは酷かったという反応だ。
もとよりボールが出ていかなかったうえ、人を蹴ったわけではないが尹鴻博とボールがちょうど触れていた点を考慮すれば、相手に対する礼儀ではないという指摘である。

もう一つは実にスッキリしたという反応だ。
中国が1点差で勝っているところにタッチラインで時間稼ぎをしていたので、それに復讐したという評価である。
最近中国が国内のサード配置で厳しい反応をして報復に出たことも、痛快だという反応に火をつけた。


※当該シーン




Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...